2013年9月14日 更新

マニラ国際空港ターミナル3(NAIA3)で上手く時間を潰してみる方法

セブにはフィリピン航空による成田-セブ間の直通便や韓国経由でセブに来る方や、LCCであるセブパシフィック航空を使ってマニラ国際空港(NAIA)経由でセブ島に来る方も多いかと思います。

マニラ国際空港では1−4までのターミナルが用意されてあり、使う航空会社によって変わってきます。

空港に到着したのは良いもののお腹が減ったり、フライトまでうまいこと時間を潰したいと思うもの。新しく出来たターミナル3ではどんなお店があるのか、少しチェックしてみましょう!



マニラ国際空港として知られているニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)はマニラのパサイ、パランニャーケ市のちょうど間にできている国際空港です。

IMG_3604

元々Manila International Airportとしての名称でしたが、1983年にベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員が暗殺された場所で、それを祈念するためにニノイ・アキノ国際空港として名称が変更されました。

IMG_3605

空港にはターミナルが4つあり、日本航空やジェットスターなどの国際線のほとんどがターミナル1、フィリピン航空全便がターミナル2に、セブパシフィック航空、エアフィル・エクスプレス航空、全日空がターミナル3、そしてゼストエアウェイズなどの国内便がターミナル4となっています。

このニノイ・アキノ国際空港は「世界でワースト空港」として知られていますが、それは主にターミナル1の事を指しており、2008年に新しく出来たターミナル3は施設もサービスも良い方です。

IMG_3606

筆者も日本やマニラに行くときは主にセブパシフィック航空を利用するので、ターミナル3を使いますが、特にトラブルもなくスムーズに利用できるのが良い所。

そして、空港内にあるレストランが他のターミナルより種類が多いので、チェックイン待ちやフライト待ちなどに便利なのです。

IMG_3603

空港ロビーにはYello Cab Pizzaやシェイキーズ、ジョリビー、ミスタードーナッツや中華料理店、コーヒーショップ、ミニストップなどのフランチャイズ店がある他、空港にしか無いレストランもあります。

このジャパニーズレストランもその一つ。

IMG_3601

Raku Ramen House」というお店なのですが、フィリピン人向けの味付けになっているのと、価格が少々高めですが、ジャパニーズホットドッグというメニューもあるので、ネタで行ってみるのも良いかもしれません!

IMG_3602

搭乗ゲートエリアにも色んなお店がありますが、午後7時以降は閉まることが多いので、早朝や少し遅い時にお腹が減った時は、空港ロビーのレストラン等で食べておくとベストです。

IMG_0025

お店があるエリアは2階なので、エレベーターを使って荷物のカートを持っていくことも可能です。でも、少し面倒くさいと感じる方は先にチェックインを済ませてから行くと良いかもしれませんよ!

IMG_0023

空港での待ち時間は退屈かもしれませんが、ターミナル3には色んなレストランがあるので、利用してみてはいかがですか?

 

(MIKIO)

 
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio