レチョン専門店「Rico’s Lechon」に行ってみた!

95

フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、そのまま美味しくいただくことが出来ます。今回はセブ島名物のフィリピン料理 Lechonを食べに、Lechonで評判のお店「Rico’s Lechon」に行ってきましたので、こちらで紹介したいと思います。

▪これが【RICO’S LECHON】のレチョンだ!!

セブNO.1と言われるリコズレチョンがこちら!(1/2kg=1~2人前 315ペソ)

驚くべきは、肉本来のおいしさ。脂身はほとんどなく、赤身が持つ旨味と肉の弾力が圧倒的です。皮は見た目よりも柔らかく、また皮にも余分な脂身がないので、全くしつこくありません。これは肉そのものが美味しいからできる技、まさに肉好きが肉を楽しむためのレチョン。セブNo.1の実力に納得の一品です。

こちらにもスパイシーレチョンがあります(1/2kg=1~2人前 345ペソ)。

スパイシーと言えども、それほど辛くありません。後からジワジワくるような癖になる辛味が特徴です。オリジナルテイストとはまた一味違う美味しさが楽しめます。

▪レチョンと合わせておすすのサイドメニュー

レチョンを食べるときにぜひセットで食べてほしい料理が、【シニガンスープ】です。

トマトとタマリンド(酸味のある果物)が入っているため酸味が聞いたスープです。ほかにもたくさんの野菜や肉が入っていて栄養満タンです。お店によって味付けや調理方法が異なるので、いろんなディヌグアンにチャレンジしてみてください。

レチョンに負けないほど美味しいのが【Tuna Belly】です。実も柔らかくて美味しい!!

 

▪セブにはレチョン専門店がたくさん!!

フィリピンを代表する料理、レチョン。子豚の丸焼きというシンプルで豪快な調理法でありながら、その味付けと美味しさはレストランによって異なるという奥の深い料理です。マクタン島だけでも10店舗以上はあるので、セブ市内を含めると数えきれないほどのお店があります。それだけフィリピンでは愛され続ける国民フードになっているレチョン。

みなさんもセブ島にお越しの際はぜひトライしてみてください♪

▪店舗情報

・住所:Mactan Promenade, Lapu-Lapu Airport Rd, Lapu-Lapu, Lalawigan ng Cebu
・時間:10時から22時(毎日)、テイクアウトは朝6時から。
・電話:(032) 231 5580
・FB:https://www.facebook.com/RicosLechonOFFICIAL/