2013年4月2日 更新

[コラム]日本とセブ。良い所、悪いところ。

セブ島はフィリピンの中でも暮らしやすい場所であり、ロングスティのほか、観光地、留学地としても人気があるということは知っている人も多いかと思います。

なんで、そこまでセブが魅力的なのか?首都であるマニラとどう違うのが?という事を以前「自分がセブを選ぶ12の理由。」でも紹介して来ましたよね!

今たまたま休暇の関係で日本に来ていて、2週間いるのですが、久しぶりに来ると日本らしい文化とか、対応などに毎回驚かされます。それも自分がフィリピンに長いこといるのも一つの理由ですが、生まれ故郷である日本にも関わらず、カルチャーショックを感じることもあります。

もちろん、セブ、日本と比べると天と地の差かもしれませんが、どの国にもそれなりの良しと悪しがあります。そんな自分が感じたセブと日本の良い所と悪い所を書いていこうと思います!





何回も紹介してきたと思いますが、筆者は日本で人生の半分以上を日本で暮らして来ました。でも、留学などの関係でフィリピンに行ったり来たりしており、中でもセブは6年住んでいます。

マニラの時も入れると8年ほどになりますが、ここまで長く住んでいると、郷に入れば郷に従えというように、フィリピンの環境や考え方などを持つようになりました。

Mactan International Airport

もちろん完全に日本人を捨てたわけではなく、日本とフィリピンの良い所、悪い所を見て来ました。良く、友達に「日本とフィリピン、どっちが良いの?」と聞かれますが、いつも五分五分と答えてます。

仕事の関係で日本に帰ることが少ないのですが、帰るたびにフィリピンに無い様な文化やサービスなどに改めて驚くことが多いです。

そんな自分が感じた日本とセブの良い所と悪い所を紹介して行こうと思います!

日本の良い所:



  • 料理や修理などのサービスが早い。

  • カスタマーサービスがとても良い。

  • 集合時間や、電車などの交通機関まで時間通りに動く。

  • 欲しいものは全て身近にある。行くところも多く、娯楽性がある。

  • モールなどに行ってもガードマンの荷物チェックが無い

  • スーパーで購入した商品をセルフで袋に入れる。

  • 治安が安全。

  • 自転車で運転しても安全な所。

  • 交通の便が良い。インフラ整備がとても良い。

  • 医療サービスが充実している。

  • インターネットが早い。

  • 空気や環境が綺麗で衛生的。水道水も飲める。


 

日本はやはりサービスなどが良いということが挙げられます。カスタマーサービスに関してもフィリピンでは2−3週間掛かるものを3-5日のうちにできてしまうというのも魅力的です。

The Scenery of Cybercity

日本人の性格の関係か、時間厳守で、友人との集合時間や電車などすべて時間通りに動いていることに改めて驚きます。セブやフィリピンにこのような文化はありませんから。

コンビニなどもすぐ近くにあることで簡単に必要なものが見つかるほか、治安が安全です。インターネットもストレスなく利用できることはとてもいい所ですよね!

Fushimi inari 京都 日本 Kyoto-Japan Jul/2006

セブの良い所:



  • 天候がほぼ一年夏場

  • 比較的安い価格で多くのものを楽しめる。

  • 人が優しくて温かい。分からないことがあっても、笑顔で教えてくれる。

  • エリアが小さいため、いろんな事ができる。

  • 交通が比較的安い。

  • 台風などの災害にあうことが少ない。

  • フリーWifiが比較的どこにでもある。

  • 観光地でもあるので、初めて海外に行こうと思う方にもオススメ。

  • 自然が多く、ビーチもあるので多くのリクレーションができる。

  • 海鮮類の他、フルーツなどの食材が美味しい。

  • 英語が通じるので留学にもオススメ

  • ナイトライフを思う存分楽しむことができる。


 

常夏であるフィリピンで更に夏のセブではマニラにない様なカラカラの暑さが365日あります。雨季もありますが、比較的安定しているので、夏服を用意するだけでいいのです。

物価、交通が安いのと人が優しいというのは「自分がセブを選ぶ12の理由」から読み取れるように、セブの魅力の一つでもあります。

日本には各キャリアとのWIFI契約をする必要がありますが、セブではコーヒーショップ、モールなどに行けば無制限で使える無料インターネットがあるので、フィリピンのキャリア端末を持っていなくても使用できるというのがとても良いところです。

Cebu Island - Philippines - February 2010

マニラに比べてビーチなどの自然も多く、レジャーを楽しみたい方や、初めて海外旅行をしてみたいと思う方にもオススメです。セブでは留学学校の関係で英語を話せる人が多く、コミュニケーションに困ることはあまりないと思います。

Toy Cars outside Golden Prince Hotel

 

さて、両方のいい所を紹介して来ましたが、逆に悪い所は何なのでしょうか?見てみましょう!

日本の悪い所:



  • SNSなどの普及により、コミュニケーションが疎かになっている

  • 支払いはチェックではなく、支払いエリアまで行く必要がある

  • 人が冷たい。すぐ批判的になる。

  • 交通が複雑になってくる。

  • 四季なので、気候が不安定な日がある。

  • 物価が高い。

  • フリーWIFIが少ない。

  • 人が多く、窮屈を感じることが多い。

  • 変な遠慮をする必要がある。

  • 娯楽に関して必ずと言っていい程お金がかかる。


 

テクノロジーがもの凄く進んでいる日本はコミュニケーションなどが楽になって来ましたが、フェイス・トゥ・フェイスでのコミュニケーションが少しずつ疎かになってきたと感じました。その関係で性格も少し冷たくなったのかも?と思いました。

life passes by

レストランでの会計ではフィリピンと違って、支払いエリアまで行って会計を済まさなきゃいけないというのも日本らしい所。

交通は多くあって便利ですが、複雑化しており、都市部に行くと人が混雑していますよね。そこで起こるトラブルを最小限に抑えるためか、些細なことでもすぐに謝ったりと、変な遠慮をしている人を多く見かけました。

buildings and boats

 

セブの悪い所:



  • とにかく暑い。平均気温32℃。

  • ガードマンなどが多く、施設に入るたびIDの提示や手荷物の検査がある。

  • トイレなどの衛生面が汚い部分がある。トイレットペーパーすら無い。

  • マニラ程ではないが、治安が悪い部分もあり、スリなどの犯罪がある。

  • エリアが小さいため、長く住んでいると飽きてくる。

  • インターネットがとても遅い。不安定だったりする。

  • カスタマーサービスなどがとても悪いと感じる事が多い。スーパーも従業員が袋に入れるので、遅い。

  • ルーズな性格なので、遅刻や時間通りに動かない人が多い。

  • 空気が汚い。水もミネラルウォーターでなきゃ飲めない。

  • 医療サービスが日本ほど充実していない。

  • 英語もネイティブと言うよりは、セブ独特のアクセントがある。

  • 交通マナーが悪い。


 

セブに来たことがある多くの人達はこの部分を感じていると思います。セブは常夏だけど、とにかく暑いです!

犯罪対策のためかモールなどの施設には多くのガードマンがおり、手荷物チェックなどのセキュリティーの壁を抜ける必要が毎回あります。

Good Morning...

ダウンタウンなどでは治安が悪い部分もあり、スリの被害もあります。タクシーで落し物をしたら、戻ってこないと思ったほうがいいと、こちらの記事でも紹介しましたよね!

セブはとてもいい所ですが、3年以上暮らしてくるとエリアが小さいので場所に飽きてくる人が多いです。カスタマーサービスも日本より良くないので、人によってはイライラする事もあると思います。

それはセブの性格から来ていることが多く、優しいのは良いけどそれが裏目に出て遅刻したり、時間にルーズになってきます。

 

以上、日本とセブの良い所、悪い所を紹介して来ましたが、どう思いますか?

もちろんエリアや読む人達によって評価や考え方は考えてくると思いますが、これは総合的な考え方なので、共感できてくれたらなぁと思っています。

日本とセブには多くの魅力があります。どちらにも良い部分と悪い部分があり、それはそれぞれの「らしさ」なのかもしれません。自分もセブの良しと悪しを知ってセブを好んで住んでいるので、そういう意味では満足していると思います。

国によってそれぞれの特徴があり、それを探すというのも海外旅行や生活の面白い発見の一つです。セブに居たことがある人や、セブに今いる人、セブに行ってみたいと思う方もこの記事を読んで参考にしてみてはいかがですか?

 

(MIKIO)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio