2018年4月20日 更新

【2018年最新版】フィリピンで運転免許を取得しよう

今回は、フィリピンで自動車やバイクを運転するのに必要なフィリピンの運転免許を取得をお伝えしたいと思います。フィリピンでのレンタカーといえば、通常運転手付きのカーハイヤーとなります。この場合運転はしないので、もちろん免許は不要です。しかし、探せば運転手なしのレンタカーやレンタルバイク、地方に行った場合にもレンタルバイクがあったりします。その際に必要になるのが運転免許。国際運転免許証があれば運転できます。しかし今回フィリピンでの免許を取得することにしました。国際免許証は大きくて持ち運びには不便ですしね。

フィリピンで運転免許を取得!

今回は、フィリピンで自動車やバイクを運転するのに必要なフィリピンの運転免許を取得をお伝えしたいと思います。

フィリピンでのレンタカーといえば、通常運転手付きのカーハイヤーとなります。
この場合運転はしないので、もちろん免許は不要です。
しかし、探せば運転手なしのレンタカーやレンタルバイク、地方に行った場合にもレンタルバイクがあったりします。
その際に必要になるのが運転免許。
でも、わざわざフィリピンの運転免許を取得しなくても国際運転免許証があれば運転できます。

国際運転免許証があるとフィリピンをはじめジュネーブ条約加盟国だと運転することができるんです。
こちら、日本の運転免許を持っている方が、日本にいる時に公安委員会より国際運転免許証の交付を受けることができます。確か料金は2,400円と写真代ですかね(詳細はご自身でお調べください)。

私もこの国際運転免許証を日本で取得し、一時帰国の時に再取得をしていました。
しかし、国際免許証の有効期限は1年しかないんです。

今回、そのタイミングが合わず更新が難しそうなので、フィリピンでの免許を取得することにしました。
国際免許証は、大きくて持ち運びには不便ですしね。

それに重要な場所ではパスポートが必要ですが、フィリピン政府発行の運転免許証はフィリピン国内での身分証明としても使えます。
 (6027)

日本国大使館へ行くの巻!

フィリピンで運転免許を取得するには、実は日本の運転免許があればフィリピンの運転免許を発行してもらえるんです。

その手順は、
まず、日本国大使館へ行って、日本の運転免許の翻訳証明書を取得します。

私の場合、マニラ在住なので日本国大使館へ行きましたが、証明書発行は領事班からの発行なので他の日本国領事館でも大丈夫です。
こちらでは、領事館にある申請書の記入とパスポート原本、日本の運転免許証原本が必要です。
手数料は900ペソ(約1,840円)です。

申請時に日本の運転免許証を預け、翻訳証明書の受け取りと同時に日本の運転免許証も戻ってきます。
私の場合は、翌日でした。


ちなみに、大使館に入る際に携帯電話やスマホ、ノートパソコンなど全てのガジェットを預ける必要があるので写真は一切撮れません。

治外法権の自国の大使館に入るのに、ガジェットを預ける他にも申請書の記入やパスポートの提示など手続きの煩雑さに少し違和感を覚えながらも、ま、守ってくれているから良しとしましょう。
 (5846)

LTOへ行くの巻!

翻訳証明書を受け取るときに領収書も同時に発行されます。
私の場合は不要でしたが、領事館発行の領収書も必要な場合があるので証明書と一緒に保管してください。

次はLTO(Land Transportation Office)へ向かいます。
LTOとは、日本でいう運転免許センターみたいなものでしょうか。
フィリピンの運転免許の試験もこちらで行います。
もちろん免許証の発行もこちらです。
 (5851)

こちらでは、まず窓口の係員に日本の免許からフィリピンの免許に切り替えたい旨を伝えました。

少し不安だったのが、私の9Gビザと外国人雇用許可証(AEP)の期限が8月なのです。
事前の情報では、運転免許の申請には1年以上のAEPが必要とのことでしたので、9G VISAとAEPの更新後の免許申請になるかもしれないと思っていたからです。

しかし、そこは問題にならず、
私のビザの発給がセブであった為に、そちらが気になったのか色々と聞かれました。
ま、それも説明すれば理解してくれて手続きに進みます。
 (5847)

まずはメディカルチェックを受けます。

これもドラッグテスト等が必要との事前情報でしたが、
私の場合は、雑談と視力検査を受けました。
それで終了です。

MEDICAL CERTIFICATE(医療証明書)を受け取ると、各証明書のコピーに向かいます。
ここでは、パスポートの写真部分のページ・入国スタンプのページ・ビザのスタンプのページ、日本の運転免許証、翻訳証明書以上5通でした。
コピー料金は、5通合わせて15ペソ(約30円)。

ちなみに、あとでフィリピン現地の友人に聞いたら、私が行ったLTOオフィスはマニラの中でもメインオフィスではないので、ゆるいらしいです。また日本人は特別視されていて、メディカルチェックでもドラッグチェックがなかったんじゃないの?って。

ありがとう!日本!
ありがとう!フィリピン!

そして申請の巻!

 (5849)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィリピンのお豆腐デザート「Taho」とは!

フィリピンのお豆腐デザート「Taho」とは!

フィリピンの朝、「タホー、タホー」と道端でおじさんが売り歩いてるのを購入できるお豆腐のデザート!! なかなか美味しくて、日本人も好きな味だと思います! 今回、そのTahoをご紹介!
SHIORI | 66 view
本格的ローカルシーフードレストラン。海鮮市場で食材を選んで料理ダンパ(Dampa)での買い物方法。

本格的ローカルシーフードレストラン。海鮮市場で食材を選んで料理ダンパ(Dampa)での買い物方法。

今回のご紹介は、ローカル感たっぷりのシーフードレストラン街ダンパをご紹介。 こちらは、空港やモールオブアジア(Mall of ASIA 通称MOA)、オカダマニラ(OKADA MANILA)など日本人にもなじみの深いマニラベイエリアに位置しています。 元々、ローカルフィリピン人に人気のシーフードレストラン街ではありましたが、近年は観光客の数も増えています。
SHIN | 115 view
バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

このFIVE STAR BUSは、ルソン島東側に位置するビーコル地方(Bicol)に本社があるバス会社で、ビーコルエリアとメトロマニラを結ぶ路線を担っています。 ※ビーコル地方には、フィリピンの富士山といわれるマヨン山や、美しい自然で有名なカタンデュアネス島 (Catanduanes island)があります。 このようにメトロマニラと各地方を結ぶバス会社があり、それぞれが地方と首都を結んでいます。 それぞれ行きたいエリアによって、バス会社は異なりますので、行先に見合ったバス会社でチケットを購入することになります。 実際には同じエリアの路線に何社もバスが通っていたり、料金によってサービスも異なったりするので、情報収集が必要です。 実際にバス会社のチケット窓口に行くと詳細を聞くことが出来るので安心です。 今回は、このFIVE STAR BUSを例に説明します。
SHIN | 89 view
フィリピンのマクドナルドで期間限定の日本の味!

フィリピンのマクドナルドで期間限定の日本の味!

フィリピンのマクドナルドで期間限定のテリヤキバーガーとエビフィレオバーガーとシャカシャカポテトの海苔味と桜味のフロートが出たという情報が! すぐに近くのマクドナルドに行ってみました!笑
SHIORI | 259 view
マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラ駐在の日本人の方のご利用も多い釣りをご紹介します。 今回の釣りスポットはアニラオ。 アニラオと言えば、マニラから日帰りで行けるダイビングスポット。 しかもダイビングスポットとしてのアニラオは、マクロ派と呼ばれる小さめの熱帯魚や生き物、サンゴなどを目的とした撮影を好むダイバー達にはとても有名なところ。 特に欧米のマクロ派には有名なようです。 今回はそのスポットで釣りをしてみたいと思います。
SHIN | 203 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN