2018年4月20日 更新

【2018年最新版】フィリピンで運転免許を取得しよう

今回は、フィリピンで自動車やバイクを運転するのに必要なフィリピンの運転免許を取得をお伝えしたいと思います。フィリピンでのレンタカーといえば、通常運転手付きのカーハイヤーとなります。この場合運転はしないので、もちろん免許は不要です。しかし、探せば運転手なしのレンタカーやレンタルバイク、地方に行った場合にもレンタルバイクがあったりします。その際に必要になるのが運転免許。国際運転免許証があれば運転できます。しかし今回フィリピンでの免許を取得することにしました。国際免許証は大きくて持ち運びには不便ですしね。

フィリピンで運転免許を取得!

今回は、フィリピンで自動車やバイクを運転するのに必要なフィリピンの運転免許を取得をお伝えしたいと思います。

フィリピンでのレンタカーといえば、通常運転手付きのカーハイヤーとなります。
この場合運転はしないので、もちろん免許は不要です。
しかし、探せば運転手なしのレンタカーやレンタルバイク、地方に行った場合にもレンタルバイクがあったりします。
その際に必要になるのが運転免許。
でも、わざわざフィリピンの運転免許を取得しなくても国際運転免許証があれば運転できます。

国際運転免許証があるとフィリピンをはじめジュネーブ条約加盟国だと運転することができるんです。
こちら、日本の運転免許を持っている方が、日本にいる時に公安委員会より国際運転免許証の交付を受けることができます。確か料金は2,400円と写真代ですかね(詳細はご自身でお調べください)。

私もこの国際運転免許証を日本で取得し、一時帰国の時に再取得をしていました。
しかし、国際免許証の有効期限は1年しかないんです。

今回、そのタイミングが合わず更新が難しそうなので、フィリピンでの免許を取得することにしました。
国際免許証は、大きくて持ち運びには不便ですしね。

それに重要な場所ではパスポートが必要ですが、フィリピン政府発行の運転免許証はフィリピン国内での身分証明としても使えます。
 (6027)

日本国大使館へ行くの巻!

フィリピンで運転免許を取得するには、実は日本の運転免許があればフィリピンの運転免許を発行してもらえるんです。

その手順は、
まず、日本国大使館へ行って、日本の運転免許の翻訳証明書を取得します。

私の場合、マニラ在住なので日本国大使館へ行きましたが、証明書発行は領事班からの発行なので他の日本国領事館でも大丈夫です。
こちらでは、領事館にある申請書の記入とパスポート原本、日本の運転免許証原本が必要です。
手数料は900ペソ(約1,840円)です。

申請時に日本の運転免許証を預け、翻訳証明書の受け取りと同時に日本の運転免許証も戻ってきます。
私の場合は、翌日でした。


ちなみに、大使館に入る際に携帯電話やスマホ、ノートパソコンなど全てのガジェットを預ける必要があるので写真は一切撮れません。

治外法権の自国の大使館に入るのに、ガジェットを預ける他にも申請書の記入やパスポートの提示など手続きの煩雑さに少し違和感を覚えながらも、ま、守ってくれているから良しとしましょう。
 (5846)

LTOへ行くの巻!

翻訳証明書を受け取るときに領収書も同時に発行されます。
私の場合は不要でしたが、領事館発行の領収書も必要な場合があるので証明書と一緒に保管してください。

次はLTO(Land Transportation Office)へ向かいます。
LTOとは、日本でいう運転免許センターみたいなものでしょうか。
フィリピンの運転免許の試験もこちらで行います。
もちろん免許証の発行もこちらです。
 (5851)

こちらでは、まず窓口の係員に日本の免許からフィリピンの免許に切り替えたい旨を伝えました。

少し不安だったのが、私の9Gビザと外国人雇用許可証(AEP)の期限が8月なのです。
事前の情報では、運転免許の申請には1年以上のAEPが必要とのことでしたので、9G VISAとAEPの更新後の免許申請になるかもしれないと思っていたからです。

しかし、そこは問題にならず、
私のビザの発給がセブであった為に、そちらが気になったのか色々と聞かれました。
ま、それも説明すれば理解してくれて手続きに進みます。
 (5847)

まずはメディカルチェックを受けます。

これもドラッグテスト等が必要との事前情報でしたが、
私の場合は、雑談と視力検査を受けました。
それで終了です。

MEDICAL CERTIFICATE(医療証明書)を受け取ると、各証明書のコピーに向かいます。
ここでは、パスポートの写真部分のページ・入国スタンプのページ・ビザのスタンプのページ、日本の運転免許証、翻訳証明書以上5通でした。
コピー料金は、5通合わせて15ペソ(約30円)。

ちなみに、あとでフィリピン現地の友人に聞いたら、私が行ったLTOオフィスはマニラの中でもメインオフィスではないので、ゆるいらしいです。また日本人は特別視されていて、メディカルチェックでもドラッグチェックがなかったんじゃないの?って。

ありがとう!日本!
ありがとう!フィリピン!

そして申請の巻!

 (5849)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラ駐在の日本人の方のご利用も多い釣りをご紹介します。 今回の釣りスポットはアニラオ。 アニラオと言えば、マニラから日帰りで行けるダイビングスポット。 しかもダイビングスポットとしてのアニラオは、マクロ派と呼ばれる小さめの熱帯魚や生き物、サンゴなどを目的とした撮影を好むダイバー達にはとても有名なところ。 特に欧米のマクロ派には有名なようです。 今回はそのスポットで釣りをしてみたいと思います。
SHIN | 67 view
ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

私が数回過ごしたフィリピンのお正月のなかで、今回はローカルの友達の家に年越しを過ごすのにお呼ばれされて行ってきたので、その様子をご紹介します。 場所はメトロマニラ内のラスピニャス(Las pinas)。マニラベイエリア辺りから車で30分〜1時間程度のところにある都会からは少し離れた一般的な家庭が集まるエリア。 アラバン(Alabang)に近いエリアです。 特にお金持ちの住宅地って訳ではなく、本当に一般的な家庭の集まりです。 皆さまご存知のように、フィリピンでは年越しの際に大きな音を鳴らして邪気を払うという風習があり、それに伴い年越しには大きな花火が至る所で上がります。 またそれに飽き足らず各家庭や、特に若者などは自分たちで花火や爆竹を大量に買い込み、年越しにそれらを使い、大きな音を出して邪気を払い、新年を祝います。
SHIN | 89 view
世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。 こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。 ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
SHIN | 54 view
フィリピンの激安美味しいデリバリーピザ「alberto's」

フィリピンの激安美味しいデリバリーピザ「alberto's」

日本でもピザのデリバリーはよく使うと重いますが、フィリピンでもデリバリー料金無料で激安の美味しいピザが楽しめますっ!今回はフィリピン人も愛するそんな alberto'sのピザをデリバリーしてみたのでご紹介します!!
SHIORI | 193 view
フィリピンでのハロウィンはこんな感じです。日本人宿泊客の多いニューワールドマニラベイのパーティに参加しました。

フィリピンでのハロウィンはこんな感じです。日本人宿泊客の多いニューワールドマニラベイのパーティに参加しました。

そもそもハロウィンとは、収穫祭の時期に出てくる魔女や悪霊などから身を守るために、仮装して魔除けの焚き火をしていたのが始まりのようです。 その流れがカボチャのジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lanternを作り、そして火を灯しているのです。 そして、魔女や悪霊に扮した子供達が、家々を周りお菓子をくれないといたずらをする。 これが現在に続くハロウィンの原型なのです。 しかし今では各地で数々の問題となっているようです。 日本でも、ハロウィンの日の渋谷あたりでは、仮装のみが主流となり、いたずらを超えたいたずらにまで発展しているようですね。 そもそもキリスト教とは関係がないと言われるハロウィン。 キリスト教徒の多いフィリピンではどうなのでしょう。
SHIN | 90 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN