2014年10月1日 更新

若者に大人気!セブのストリートカルチャーに触れてみた!

 

みなさん、ストリートカルチャーをご存知ですか?直訳すれば路上文化。主にスケート、グラフィティ、ヒップホップなど、およびその周辺のファッションや音楽、ライフスタイルを指します。

セブにも、多くのグラフィティアートがあります。海外のグラフィティライターが訪れ、作品を残すほど盛んに行われています。また、スケートボードも若者に人気です。今回は、普段あまり気にかける事の無い、セブのグラフィティアートとスケートボートカルチャーをご紹介します。

 



 

1.グラフィティ

グラフィティ (graffiti) は、エアロゾールアート (aerosol art) ともいい、スプレーフェルトペンなどを使い、壁などに描かれた絵のことを指します。

1970年代ニューヨークで、スプレーやフェルトペンなどを用いて壁や電車などに落書きをすることから始まったとされ、1980年代に入り、少数のグラフィティ行為者が前衛芸術家として注目される様になりました。

セブでもたくさんのグラフィティアートを見る事が出来ます。セブには、StreetKonectというアート集団が存在し、国内外で多くの作品を残しています。


 

str

str1  2

こちらのサイトでもセブのグラフィティを見る事が出来ます。

 

 

2.スケートボード

セブでも若者を中心に人気のあるスケートボード。日本よりも規制が緩く、街中でもスケートボードに乗る人を見かけます。プロスケートボーダーも存在します。

こちらは、セブのスケートボーダーの映像です。セブ市内のいたる所で撮影されているこの映像。かなり難しい技の数々を決めています。セブの街並がかっこよく映像化されていて、おもしろい作品です。

 

[vimeo]http://vimeo.com/83494834[/vimeo]

 

 
先日、オスメニアサークルの近くでは、セブ市主催のイベントにて、スケートボードを楽しむ若者の姿を発見しました。こちらの若者たちも、難易度の高い技を習得しており、驚きました。これだけの数のスケートボーダーが存在するとは、筆者も知りませんでした。

 

IMG_7315





素晴らしい自然の中で、スケートボートを楽しむ事も可能です。スケートボートが好きな方は、ぜひスケートボートを持ってセブにいらしてみてはいかがでしょうか?(荷物の重量制限にはご注意下さい・・・)

また、街中にあるグラフィティアートにも目を向けてみると、移動中も楽しい時間を過ごす事ができるかもしれません!クオリティの高いアート作品を、ぜひ見てみて下さい。

 

 

(AOI)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィリピン料理 CHIKA・AN SA CEBU に行った!

フィリピン料理 CHIKA・AN SA CEBU に行った!

数あるフィリピン料理のお店の中で、セブ・マクタン島の中でも特に有名なのは、マリバゴグリル(MARIBAGO GRILL)なのではないでしょうか。 しかし、それ以外にもおいしいフィリピン料理はあります。 今回ご紹介したいお店は "CHIKA・AN SA CEBU" 。 こちらはチェーン店となっており、AYALAやPARK MALLなどセブ市内にも数多くあります。
SHIN | 148 view
セブで大人気バイクの改造!

セブで大人気バイクの改造!

セブでは、最近乗用車の数も増えてきています。 これはフィリピンの経済が年々よくなっており自家用車を持つ人が増えたということなのでしょう。実はフィリピンはNEXT11の一国に選定されているほど、安定した経済成長をしてる国なのです。2005年以降はリーマンショックのあおりを受けた2009年を除いて4%~7%前後も安定した経済成長を続け、特に2010年には7.6%、2013年にも7.2%と7%を超える高い経済成長率を記録しております。また人口も爆発的に増えており特に若い世代が多いのも特徴です。 しかし経済成長の裏側では経済成長に追いつかない政府の遅れが露呈され、交通に関する整備の遅れから交通渋滞も頻繁に起こっています。 その為、渋滞を回避しやすいバイクの需要が高いのです。
SHIN | 49 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aoi aoi