2019年4月5日 更新

世界最高のビーチで有名なボラカイ島のラグジュアリーホテルをご紹介

ボラカイ島はフィリピンの中心あたりに位置し、ビサヤ諸島の西端周辺にある全長7.5km、幅は狭いところで2kmという小さな島。 そのボラカイ島の魅力は何と言っても「ホワイトビーチ」。 そのホワイトビーチは全長4kmに渡り、美しい姿で世界の人々を魅了しています。 1990年にはトロピカル・ビーチ・ハンドブックで「世界最高のビーチの一つ」2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベルレジャー』でも、世界最高の島とされています。 この他幾度となく、様々なメディアにも取り上げられているほどの美しい島。 今回は、そのボラカイ島の厳選ラグジュアリークラスのホテルをご紹介していきます。

ボラカイ 有名五つ星ホテル - Five stars hotel in Boracay

ボラカイ島はフィリピンの中心あたりに位置し、ビサヤ諸島の西端周辺にある全長7.5km、幅は狭いところで2kmという小さな島。

そのボラカイ島の魅力は何と言っても「ホワイトビーチ」。
そのホワイトビーチは全長4kmに渡り、美しい姿で世界の人々を魅了しています。

1990年にはトロピカル・ビーチ・ハンドブックで「世界最高のビーチの一つ」2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベルレジャー』でも、世界最高の島とされています。
この他幾度となく、様々なメディアにも取り上げられているほどの美しい島。

しかし、近年の急激な観光客の増加や、処理施設の未整備等によりボラカイ島周辺の海の汚染が深刻な状態となり、フィリピンのドゥテルテ大統領は、2018年4月26日から島全体の6ヶ月の閉鎖を決定しました。

閉鎖期間中、ホテルや飲食店へは厳格な規定に沿うように工事が進められました。
それらは、汚水処理施設の設置の徹底やビーチを守るため海岸線からの建物の立地など、とても厳しいものになり、建物の改築や取り壊しを余儀なくされたホテルなども多数存在しています。
同時に道路整備も行われ、道路の拡張や歩道の設置など、環境と人に優しい島に生まれ変わろうとしたのです。

そして、それら厳しい検査に合格したホテルや飲食店のみが営業再開を許可され、ついに2018年10月26日に島の運営が再開されました。

ホテルや飲食店の数は激減したものの、海は綺麗になり、今後も厳しく定められた規定のもとに運営されていくので、海が蘇っていくと予想されています。

今回は、そのボラカイ島の厳選ラグジュアリークラスのホテルをご紹介していきます。

シャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパ - Shangri-La Boracay Resort & Spa

何と言ってもこちらシャングリ・ラ ボラカイ。
世界各地にシャングリ・ラホテルはあり、フィリピンにも多数のシャングリ・ラを冠したホテルがあり、マニラだけでも3つあります。そのほかセブにもあるので、知っている人も多いと思います。
シャングリラボラカイは、ステーション1に位置しており、静寂の中ゆっくりと過ごすことが出来ます。
 (14009)

ボラカイ島に訪れる人は必ず船に乗る必要があります。
その際、このシャングリ・ラホテルのみ専用高速艇とカティクラン港には専用ラウンジがあり、宿泊者はそれらを利用することができます。
 (14011)

ホテル内だけで過ごせる工夫もされており、ビーチやプール、レストランなども充実しています。もちろん、プライベートビーチだけでなく、ホワイトビーチへのシャトルバスも用意されています。
 (14014)

夕暮れになると、空を真っ赤に染める夕日を楽しむことが出来ます。
 (14019)

シャングリ・ラ ボラカイの紹介文

穏やかに流れる静寂の時間。限りなく続くプカシェルビーチ、海と空が織りなす紺碧のグラデーション。ボラカイの自然保護区、亜熱帯雨林にひっそりと佇むシャングリ・ラ ボラカイ リゾート&スパで、そのすべてを独占する。

カティクランにあるリゾート専用のウェルカムラウンジに到着し、シャングリ・ラのプライベート高速ボートまで案内される。ボラカイ島のホワイトビーチに沿ってボートで移動すること30分、ボラカイ島で初のリゾートであり唯一のデラックスリゾートの海岸に到着する。

大自然に囲まれたシャングリ・ラならではのゲストルーム。ビーチフロントのリゾートライフを堪能できるシービュースイートでは、マニラアサのラグやカピス貝のランプが心地よい南国ムードを演出する。波の音を聞きながら過ごすリラックスした時間。

ゆったりと過ごす午後に飽きたら、テニス、カヤック、パラセーリングやダイビングなど、充実したアクティビティで豊かな自然を満喫する。

ボラカイが黄金色の夕日で染まる頃には、リゾートの梢の中に佇むリマで贅沢なディナーを。食後には、リゾートのナイトライフを彩るソラナへ。ホワイトビーチを眺めながら、カバナでカクテルを楽しむ夢のような時間。

眠るにはまだ早い夜、CHIスパで至福のトリートメントを。プライベートベイを見渡す半島にあるスパヴィレッジで、サンクチュアリならではの癒しの世界へと誘われていく。

https://www.shangri-la.com/boracay/boracayresort/

【ボラカイ】シャングリ・ラ ボラカイ

クリムゾン・ボラカイ - CRIMSON RESORT & SPA BORACAY

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界が認めた世界最高の島!ボラカイの魅力 - Boracay White Beach -

世界が認めた世界最高の島!ボラカイの魅力 - Boracay White Beach -

みなさん。 フィリピンに世界最高と選出された島があることをご存知ですか。 その島はボラカイ島。 フィリピンの中心あたりに位置し、ビサヤ諸島の西端あたりにある全長7.5km、幅は狭いところで2kmという小さな島。 何と言ってもボラカイ島の魅力は「ホワイトビーチ」。 そのホワイトビーチは全長4kmに渡り、美しい姿で世界の人々を魅了しています。 そのホワイトビーチを中心に、1990年にはトロピカル・ビーチ・ハンドブックで「世界最高のビーチの一つ」2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベルレジャー』でも、世界最高の島とされています。 この他幾度となく、様々なメディアにも取り上げられているほどの美しい島。 しかし、近年の急激な観光客の増加や、処理施設の未整備等によりボラカイ島周辺の海の汚染が深刻な状態となり、フィリピンのドゥテルテ政権は、2018年4月26日島全体の閉鎖されました。
SHIN | 96 view
【南国フルーツ】マンゴーが1キロ350円!!マクタン島リゾートエリアから15分のフルーツスタンドを見てみよう♪

【南国フルーツ】マンゴーが1キロ350円!!マクタン島リゾートエリアから15分のフルーツスタンドを見てみよう♪

セブ島といえばやはり南国の太陽をたっぷりと浴びて育ったフルーツが甘みが強くで美味しいです! 今回はシャングリラホテルや、モーベンピックホテルなどの人気ホテルが立ち並ぶマクタン島のリゾートエリアから車で10~15分の場所にある「サアックマーケット(SAAC MARKET)」にあるフルーツスタンドを紹介します!セブ島にはフルーツスタンドが多くありますが、観光スポットにあるフルーツスタンドは値段が高めに設定されているので、ローカル価格を是非チェックして見てください。
REON | 368 view
世界最高のビーチ:ボラカイ島内のおすすめレストラン特集

世界最高のビーチ:ボラカイ島内のおすすめレストラン特集

ボラカイ島は、全長4km、幅は1〜2kmの小さな島。 そこが何度も世界一のビーチに選ばれるたびに、世界各国から観光客が押し寄せるようになりました。 元々はビーチが綺麗なことで有名でしたが、穴場的なビーチだったものの、今では世界各国の観光客の数に対応するために、様々なレストランがオープンしました。 そのため小さい島ながら、レストランや食事に困ることはありません。 しかし、初めて行くリゾートでの食事には迷いは付きもの。 そこで、少しボラカイ島のレストランをご案内します。
SHIN | 166 view
ボホール島のホワイトビーチを満喫!!DUMARUAN RESORT(ドゥマルアンリゾート)のデイユースを利用してみた!!

ボホール島のホワイトビーチを満喫!!DUMARUAN RESORT(ドゥマルアンリゾート)のデイユースを利用してみた!!

ボホール島には魅力的なホワイトビーチが多くあることはご存知ですか? 特にパングラオ島には整備が行き届いたキレイなホテルが多く立ち並んでいます。それらのホテルで一日ゆっくり過ごすことができれば素敵な思い出になること間違えなしですね!しかし、高級ホテルともなればお値段もなかなかのもの。。。 そんなパングラオ島でも、手軽な価格で充実した設備とホワイトビーチを楽しむことができるホテルがあります。 今回はDUMARUAN RESORT(ドゥマルアンリゾート)のデイユースをご紹介します! おすすめですので、是非チェックしてみてください♪
REON | 55 view
ボホール島の穴場ビーチ アンダ(ANDA)へ行ってみた!

ボホール島の穴場ビーチ アンダ(ANDA)へ行ってみた!

先日、ボホール島に行く機会がありました。ボホール島ではアロナビーチというホワイトビーチがあり、観光客を中心にとても人気があります。しかし、いろいろと調べてみると穴場の静かで美しいビーチの一つに「アンダビーチ」という場所があることを知りました。アンダビーチとはどんな場所なのでしょうか。 今回は実際に行ってきましたのでこちらで紹介します!
REON | 115 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN