2018年1月30日 更新

【ボラカイネタ】休みが取れたら絶対に行ってみたい!ボラカイ島って海以外は何がある?

先週に引き続きボラカイネタ!先週はオススメホテルを紹介しましたが、今回はボラカイ島での過ごし方。しかも海以外で何ができるか紹介したいと思います!

 (4449)

先週に引き続きボラカイネタ!
ボラカイといえば「どこまでも続く遠浅で美しい海」というイメージ。
まさにその通りで、先週記載した「コンデナスト・トラベラー」が発表した「世界のベストアイランド2016」で1位に選ばれた要因もそれが大きいかと思います。

では、「ボラカイ島は海だけのリゾート地なのか?」「海以外って何があるの?」と思う方もいらっしゃると思います。
今回は海以外のボラカイの魅力を見ていきましょう!

アクティビティ

 (4452)

ボラカイでできるアクティビティの一つにジップラインがあります。
高台からスーパーマンのように颯爽と飛んでいきます。
スリル満点で、さらに海と山の自然溢れるボラカイ島の景色が最高です!
 (4454)

小さなお子様と一緒に楽しめるセグウェイ!
ヘルメットをかぶり、肘と膝にサポーターをつけ安全確保。
簡単な操作なので家族みんなで楽しめる、セグウェイでのピクニック。
家族での参加がオススメです!

ショッピング

 (4457)

ボラカイ島でのショッピングといえばココ、Dモール!
モールといってもセブやマニラにあるようなモールではなく、日本でいう商店街のような雰囲気です。
ステーション2にあるこちらのDモールに観光客の方々が、おみやげなどを買ったりするのですがどんなものが人気か見ていきましょう!
 (4459)

「I ♡ BORACAY」のバッグやキーホルダー。
ボラカイに来た記念になりますね。
色違いのいろんなバッグもあります。
 (4461)

ブレスレットやネックレスも売られています。
中には手作りのものもあり南国らしいデザインで、これもいい記念になりそうです。
ファッション系のお土産は若者や女性に人気があります!
 (4471)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

8月〜のセブ島の天気と海について知っておこう

8月〜のセブ島の天気と海について知っておこう

日本も梅雨が明け、いよいよ夏! 忙しい皆様もお待ちかねの夏休みが始まっている方も多いのではないでしょうか? セブ島も8月9月は繁忙期!どこのマリンショップも大忙しの時期です! これからセブ旅行に来られる皆さまにとって、1番不安なのはやはり天気や海の状況ですよね? 今回はその辺りに注目してまとめてみます!
SHOTA | 386 view
【ボラカイネタ】休みが取れたら絶対に行ってみたい!ボラカイのおすすめホテルならココ!!

【ボラカイネタ】休みが取れたら絶対に行ってみたい!ボラカイのおすすめホテルならココ!!

マニラネタを多く発信している筆者ですが、今回はボラカイをご紹介!ホワイトビーチにたくさんのホテルが並びますが、その中でもおすすめホテルを紹介していきたいと思います!
kei | 429 view
【MINISO 名創優品】で “JAPANクオリティ”を手に入れよう!

【MINISO 名創優品】で “JAPANクオリティ”を手に入れよう!

少しずつ日本の企業が参入しつつあるセブシティに、またひとつ新たなジャパニーズショップがオープン!日本の〇〇があったらな・・・と思ったことがある方も多いはず♡でも、もうそんな思いとはさよなら!?そんな気になるお店を早速チェックしてみましょう♡!
Aika | 765 view
世界が認めた世界最高の島!ボラカイの魅力 - Boracay White Beach -

世界が認めた世界最高の島!ボラカイの魅力 - Boracay White Beach -

みなさん。 フィリピンに世界最高と選出された島があることをご存知ですか。 その島はボラカイ島。 フィリピンの中心あたりに位置し、ビサヤ諸島の西端あたりにある全長7.5km、幅は狭いところで2kmという小さな島。 何と言ってもボラカイ島の魅力は「ホワイトビーチ」。 そのホワイトビーチは全長4kmに渡り、美しい姿で世界の人々を魅了しています。 そのホワイトビーチを中心に、1990年にはトロピカル・ビーチ・ハンドブックで「世界最高のビーチの一つ」2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベルレジャー』でも、世界最高の島とされています。 この他幾度となく、様々なメディアにも取り上げられているほどの美しい島。 しかし、近年の急激な観光客の増加や、処理施設の未整備等によりボラカイ島周辺の海の汚染が深刻な状態となり、フィリピンのドゥテルテ政権は、2018年4月26日島全体の閉鎖されました。
SHIN | 51 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kei kei