【セブ島】本場のハロハロって本当においしいの!?

112
dav

皆さんは「ハロハロ」というデザートをご存知でしょうか?

日本では「ミニストップ」で毎年夏限定発売される氷菓子です。

 

実はハロハロはフィリピンで出来たスイーツです。

今回は本場フィリピンで実際に売られているハロハロの紹介をしたいと思います。

 

 

■ハロハロとは!?

日本でもいくつかのお店では販売されているハロハロ。

簡単に説明するとかき氷にフルーツのシロップ漬けやゼリー、アイスなどがトッピングされた夏にぴったりのスイーツです。

ハロハロはタガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、その名のとおり食べる前にかき混ぜて食べるのが一般的です。

 

フィリピンでは高級ホテルから露天まで、いろんなところで食べられる、まさに国民的なスイーツです。

 

■ハロハロのトッピングを見てみよう!

トッピングはお店によって多少異なりますが、今回はフィリピンでも人気のファーストフード店「Mang Inasal(マギナサル)」のハロハロのトッピングを見てみましょう。

 

てっぺんにある紫色のアイスクリームは「ウベ芋アイス」です。

少し見にくいですが、ウベ芋のペーストも別に添えられています。フィリピンではウベ芋はまさに国民食です。

 

奥に見えるのは大豆と小豆です。これらはシロップ漬けになっていてあまい味付けです。

手前の黄緑の食べ物はゼリーです。その奥にある赤色のツブツブはタホと呼ばれるタピオカに近いたべものです。

 

手前にあるチーズのようなたべものは「レチェ・フラン」と呼ばれるフィリピンの伝統的なプリンです。

その横にある黄色のものはココナッツでこちらもシロップ漬けになっています。

 

写真ではわかりにくいですが、トッピングの上から大量の練乳がかけられています。

部分的食べるともちろん甘いのですが、かき混ぜると不思議とそこまで甘ったるい感じはしません。

やはりハロハロは名前のとおり混ぜ混ぜして食べるのがおいしいのかもしれません。

 

■セブ島でハロハロが食べられるお店

・Melton’s(メルトンズ)

・Chowking(チャオキン)

・Sol’s(ソルズ)

・Kuya J(クヤJ)

・Mang Inasal(マン イナサル)

・Han’s Halo-Halo(ハンズ ハロハロ)

 

ほんのりミルク味で冷水のような味わいのハロハロは以外に後味が爽やかですっきりしています。

熱帯の国フィリピンでは、こうした冷たい食べものが食べたくなると思います。

セブ島にお越しの際は本場のハロハロを是非お試しください。

 

(REON)