フィリピンの歴史

セブの歴史

フィリピンでは2万2000年前の旧石器時代の人々が最も古い人類とされています。 当時のフィリンピン諸島はアジア諸島と陸続きになっており、東南アジアなどから人が移り住みその後、 海面が上昇しフィリピン諸島が生まれました。

紀元前200~300年にマレー人がやって来て、先住民と溶け込み現在のいくつかの少数民族の先祖となっています。 この頃から、農業や建築などが発達し中国やインドなどのアジアの国々と交易も盛んになり、 フィリピン独自の文化が生まれました。

各地からの文化や人民が移動してきたことにより、現在も数多くの言語が用いられています。 15世紀には、マレー半島からのイスラム教が全島に広がり、マニラはイスラム王国と化します。 1521年にポルトガルの航海士フェルディナンド・マゼランが、 セブ島に上陸するとスペイン軍が次々に上陸しイスラム教を廃止にし、キリスト教を広めていきます。 フィリピンはスペインの植民地なり発展していきます。

しかし17世紀の中頃になるとスペイン本国の内乱と共に、フィリピンでも自由獲得運動が盛んになり各地で武力闘争が広がり、フィリピン革命と進みます。 革命によって1898年6月に革命リーダーのエミリオ・アギナルドよってフィリピンは独立宣言します。 しかし、米西戦争でアメリカに負けたスペインは、2000万ドルでフィリピンを売り渡しました。 これによってフィリピンはアメリカの支配下に置かれこの後40年も続きます。

第2次世界大戦中の1941年に日本軍はマニラを占領します。しかし、アメリカも1945年にはフィリピンを奪回し、 アメリカ主導のもとにフィリピン共和国として独立します。

フィリピンは自由党と国民党の2党制で政治が行われました。1965年に自由党のフェルナンド・E・マルコスが大統領になると経済開発を課題とし、 外交に力をいれ成功した反面、テロやゲリラなどが頻繁に発生し政府は独裁を強めていきました。 マルコス政権への反発は内外ともに高まる中、マルコス政権の政敵であるペニグノ・アキノ元上院議員が暗殺され、 これを機に国民が立ち上がり革命を起こし、マルコスを海外へ追放しました。

その後も、アキノ、ラモス、エストラーダと政権がいくつも変わっていくたびに国民が立ち上がりました。 アロヨ前大統領は、様々な難局に誠実に対処する姿勢に多くの国民から支持を受けていました。

セブのいま

セブといったらマリンスポーツ!ダイビングやバナナボート、パラセーリング、シーウォーカーなどアクティビティの種類も増えてきています。

市内にはシューマートやアヤラセンターなどを中心とした大型ショッピングモールが数多くあります。モール内にはバラエティに富んだショップやレストラン・カフェ、デパート、映画館、ボーリング場、免税店などがあるので一日中楽しめます。現在も新しいモールを次々と建設中です。

モールだけでなく、セブにはマッサージショップが数多くあります。フィリピンの伝統マッサージ「ヒロットマッサージ」を始めとした癒しのスパやマッサージが充実しています。また、セブではカジノも人気です。カジノはウォーターフロントホテル内にあります。

さらに最近では、語学留学でセブに来る人が増えてきました。実は、セブにはたくさんの語学学校があり、料金も他国に比べると格安なんです。生徒のほとんどは韓国人ですが、日本人の割合も増えてきました。

手付かずの自然がたくさん残っている離島などフィリピンは何度訪れても楽しい旅行先です。みなさんは、セブに来て何をして遊びますか???