バイクのタイヤがパンクしたらどうすれば良い?ローカルのショップで修理してみた!

セブ島観光は基本的にツアー会社が提供しているバンまたはタクシーなどの公共交通機関を利用するのがほとんど。

しかし国際免許証を持っている方はセブ島をバイクで走り回るというのも一つの方法でもあり、バイクに乗っている欧米人などをよく見かけると思います。

長距離のツーリングを楽しんでいる際、タイヤがパンクしてしまった経験を持っている方もいるとは思いますが、セブ島でもしパンクに遭遇してしまった場合はどうすれば良いのか、今回紹介したいと思います。

(続きを読む)

ミルクステーション(MILK STATION)でセブ島の新鮮な牛乳やアイスクリームをチェックしてみよう。

牛乳やヨーグルトなどと言った乳製品はカルシウムを多く含んでいるので、日頃の食生活では欠かせないですよね。

日本では農場はもちろんの事、加工や物流に至るまで徹底に行われているため、スーパーやコンビニなどで新鮮な乳製品を購入することが出来るのですが、フィリピンは加工方法等が違っているため、日本の牛乳とは少し変わってきます。

しかし、セブ島には牧場の牛から取れた新鮮な牛乳やアイスクリームを食べられるお店があります。それが今回紹介するミルクステーション(MILK STATION)です。

(続きを読む)

ラディソンブルホテル・セブに新しくオープンしたSUSHISAKE(スシサケ)のレセプションを見てみよう

日本が世界に誇れる文化の一つは日本料理なのでは無いでしょうか?

フィリピンを初め、世界各国で日本料理店や現地にアレンジされたジャパニーズレストランがあったりと多くの人達に親しまれており、中でも人気が高い料理が寿司ですよね。

セブ島でも色々なエリアで日本料理を見つけることが出来ますが、セブ市内にあるホテル、ラディソンブルホテル・セブに新しくSUSHISAKE(スシサケ)というレストランがオープンしました。今回筆者はレセプションパーティに訪れる機会があったので、紹介したいと思います。

(続きを読む)

モアルボアルにある公共ビーチ、バスダクビーチ(BASDAKU BEACH)で海を満喫しよう。

セブ島と言えば海が一番人気の観光地ですよね。

マクタン島に行けば、プライベートリゾートで満喫することが出来ますが、ホテルの敷地内にあるため、デイユースのパッケージなどは高くなっていることが多いです。

100-200ペソの入場料で利用できるビーチはあるものの、日本のような広くて大きな海水浴場はマクタン島で見つけることが出来ないのですが、セブ島南部または北部の方に行くと、誰でも100ペソ前後で利用できる可能な海水浴場を見つけることができるのです。

今回はセブ島南部にあるモアルボアル(Moalboal)市にあるバスダクビーチ(BASDAKU BEACH)という公共ビーチを見つけたので、紹介したいと思います。

 

(続きを読む)

ムーベンピックホテル(MOVENPICK HOTEL)内にあるスパ、デルマール(DELMAR)のチェックしてみよう。

セブ島旅行といえば海、食に続く人気アクティビティといえば癒やしなのではないのでしょうか?

その理由の一つにマクタン島やセブ市内には数多くのスパやマッサージ店を多く見つけることが出来るから。お手頃な価格で楽しめるチェーン店のものから、外国人観光客に人気のある高級店まで色々ありますが、ホテルの中で見つけられるスパもチェックしておきたいものの一つです。

今回筆者はマクタン島のムーベンピックホテル(MOVENPICK  HOTEL)に訪れる機会があったので、その中にあるスパのデルマール(DELMAR)を紹介したいと思います。

(続きを読む)

アイスクリームやクッキーなどを取り揃えているデザート専門店、Butterbean Desserts and Cafe(バタービーンデザート&カフェ)

一年中暑いフィリピンは歩いているだけでも暑く感じられますよね。そんな時はひんやりと爽快感が得られる、食べ物や飲み物をオーダーしたくなるもの。特にアイスクリームとかは美味しいですよね!

セブ島では数多くのアイスクリーム専門店を見つけることができ、エキサイトセブでも何回か紹介してきましたが、アイスクリームの他にクッキーやケーキなども楽しむことは出来るデザート専門店のButterbean Desserts and Cafe(バタービーンデザート&カフェ)に今回訪れてみることにしました。

(続きを読む)

セブ島でも温泉が人気?マイニット温泉(Mainit Spring)でリフレッシュしてみよう

セブ島南部といえばジンベエザメが1番有名な観光地ですが、実は他にもオススメな観光地が色々あるのです。ジンベエザメ、スミロン島、カワサン・フォール滝などを見つける事ができますが、温泉もあるということはご存知だったでしょうか?

今回筆者がご紹介するのが、マラブヨック(Malabuyoc)にあるマイニット・スプリング(Mainit Spring)という温泉。セブ島に住む人から海外からやって来る観光客から人気のある観光スポットになっています。

(続きを読む)

お土産にもオススメ!セブ島南部、カルカル(Carcar)でかご作りを体験してみよう。

セブ島定番のおみやげといえばドライマンゴーやバナナチップス、パパイヤ石鹸が人気ですが、これら以外のお土産を見てみたいという方はモールで購入する際、チョイスが多いので迷ってしまいますよね。

モールでお土産を見つけるのも良いですが、セブ島で作られる民芸品はもお土産にされるアイテムの一つで、中でも自分で作ることが出来る物もあったりします。

今回筆者はセブ島南部の町、カルカル(Carcar)のおみやげの一つとしても有名なかごを実際に自分で作る体験をしてみました。

 

(続きを読む)

シアルガオ島(Siargao Island)にあるクラウド9でサーフィンをを体験してみよう。

セブ島はご存知の通り、ビーチが有名なリゾート。毎年多くの観光客が海水浴、ウォーターアクティビティやダイビングなどで訪れていますが、サーフィングをしたいという方もいるのではないでしょうか?

残念ながらセブ島では周りの島々が波を吸収しているということもあり、サーフィンに必要な波が発生しないのです。しかし、フィリピン海や太平洋側などに面している島では大きな波がやって来る事があるので、世界でも有名なサーフィンポイントをいくつか見つける事ができます。

今回紹介するシアルガオ島(Siargao Island)もその一つで、島の中にあるクラウド9(Cloud 9)は世界的に定評のあるサーフィンポイントになっています。

(続きを読む)

スリガオの日本食レストラン、357 Stakehouse&Sushi bar(357 ステーキハウス&スシバー)にいってみた!

エキサイトセブではミンダナオ島の港町、スリガオはセブ島から飛行機で約45分の距離にあり、またセブ島とは違った魅力があります。

何回かその魅力を紹介してきましたが、新しいロケーションへ旅行に来たらそこで見つけられるレストランとかも気になってしまいますよね!

筆者が滞在中はハイヤーサービスを利用しており、その運転手に近場に美味しいレストランがないか聞いてみた所、357 Stakehouse&Sushi bar(357 ステーキハウス&スシバー)がオススメという事だったので、今回はそちらに行ってみることにしました。

 

(続きを読む)