the id is 33537

クランチキン(Andy’s Crunchiken)でカリカリでジューシーなフライドチキンをテイクアウトしよう!

Pocket

フィリピンでお馴染みの食材の1つに鶏肉があります。道を歩いていても、数メートル~数十メートルおきにニワトリがロープでつないである光景を目にしますよね。鶏肉料理の中でもフィリピンで人気の料理と言えば、フライドチキンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

エキサイトセブではこれまでに、ファストフード店のジョリビー(Jolibee)やケンタッキーフライドチキン(KFC)、ITパーク内にあるバーベキュー・チキン・アンド・ビール(BBQ Chicken and Beer)、アヤラモールやSMモールなどにあるサンバースト(Sunburst)など、セブ島で食べられる美味しいフライドチキンをご紹介してきました。フライドチキンと白米がセットで食べられるお店が多く、いつでもフィリピン人に人気が高いメニューです。

また路上でもフライドチキンを販売しており、スナックや食事で手軽に食べることができますよね。

今回はカリカリとした食感とジューシーさが特に優れたフライドチキンが美味しいお店、クランチキン(Andy’s Crunchicken)をご紹介します!



今回筆者が見つけたクランチキンは、SMシティモールのジョリビー付近のエントランスを出たところにあります。”C”の文字のところにニワトリの絵があるのが特徴的です。SMシティセブのクランチキンではお店の側面で、手にビニール袋をはめたフィリピンスタイルで食事をすることができます。

20813205_1554281457961808_1793770502_o

メニューにもバリエーションがあり、胸肉やもも肉、手羽先、鶏皮などの部位によって価格が異なります。また1ピースから購入ができることができ、3ピースセットや5ピースセットを購入すると少しお得です。

20839957_1554222604634360_1453546454_o

20793337_1554222501301037_1635215378_n

今回筆者はドラムスティックを1ピース購入しました。無料のグレイビーソースと一緒に紙袋に入れてくれました。カレースプーンと比べるとこんな感じです。

20821280_1554222431301044_268698492_o

クランチキンという名前の通り、皮がとてもカリカリしていて歯ごたえがあります。噛むと肉汁がたっぷりとあり、かなりジューシーです。

店舗によってはレストランの店内で食事をできるところもあります。白米とドリンクとのセットメニューもあるようですので、ゆっくりと食事を楽しみたい方はそちらを覗いて見ると良いかもしれませんね。

(SHIORI)


Pocket

Shiori

ライターについて:

フィリピン人5人とシェアハウスをした経験からフィリピンの魅力の虜になりました。日本で大学卒業後すぐにセブに移住し、STEM教育事業の立ち上げから発展に携わってきました。フィリピン人に囲まれる日々で知った文化やローカルライフ、フィリピンで働く上で役立つ情報や長期滞在者にも便利な情報を発信しています。



Ads Open