the id is 32631

エキサイトセブで執筆した約300記事の中からおすすめ記事をピックアップ!

Pocket

皆さんはフィリピンの魅力について、どんな媒体で情報を見つけていますか?筆者はエキサイトセブで4年弱、約300記事を執筆してきた中でローカルの魅力、観光地の魅力など、様々な見どころを発見してきました。そして今日が筆者の最後の記事になります!

これまでの記事の中から特におすすめの場所をご紹介します。


1 リゾート・観光

IMG_7176

筆者はセブとマニラで旅行会社に勤務していました。その経験から、たくさんのリゾートホテルや観光地を訪れたのですが、その中でも特に印象的だった観光地・リゾートホテル、観光に関する話題の記事をまとめました。

セブ・マニラ・ボラカイの美しい写真を見てみよう
美しいセブの「7つの海」表情の違いを見てみよう。
セブ周辺のリゾートホテルで見られる美しい景色10選!
総力特集!セブが誇る絶景の離島「バディアン」
セブの大人気観光「ジンベイザメ」を守る現地の取り組み
マゼランvsラプラプの戦場を望む新鮮魚介レストラン




2 災害支援・NGO系

IMG_2774

筆者がフィリピンに移住した2013年から、現地では残念ながら幾つかの災害が発生してしました。その中でも特に大きかった2013年の台風Haiyan(現地名称:Yolanda)に関する支援活動や、筆者設立のNGOの情報をまとめました。

Yolanadaで最大の被害を受けたとされるレイテ島・タクロバンの今。
台風30号Yolanda通過から一週間。セブ島最北端の地の今。
台風Haiyanから3ヶ月。セブ北部のTabuelanでの支援活動を見てみよう。
フェアトレードショップで見つけたバナナチップ
セブに来た方々は、どんな場所が印象的なのだろう?NGO FEST協力)




3 ライフハック・生活関連

IMG_6908

セブで長く生活していると「現地の生活の知恵」が身についてきます。その中でも気になった場面や、現地で仕事をしていく中で感じたこと、他の在住者の方もヒントになる情報をまとめました。

セブにおけるBOPビジネスを考えてみよう!
セブのゴミ回収はどうなっているのだろう?
セブの歯医者/クリニックで治療を受けてみた!
セブと日本の働くスタイルの違いはなんだろう?
セブから日本へ荷物を送付。FedEXに行ってみた!




4 フィリピンでのネタ

IMG_6259

フィリピンはネタの宝庫!毎日何かしらの出来事で笑いが絶えません。日本ではまずありえない「そんなことやっちゃうの?」「そんな食べ物ありなの?」といったものが必ず見つかります。そんな中でも特に面白かったこと、珍しかったことをまとめました。

1ペソで水を買ってみよう!
関西人には怒られる?!たこ焼きならぬTAKU YAKIを食べてみた!
セブのたばこ税証明シールがジンベイザメに!
シャングリラ?個性的な名前のセブのライスたち
衝撃の味・ドリアンケーキを試してみる?
常夏のセブ!夏の風物詩「スイカ」は美味しいのか?
[ネタ]セブのローカルデパートメントで何故か売っていた3つのもの




5 珍しいスポット

IMG_2784

在住しているからこそ訪れることができるセブのスポットの数々。リゾートホテルや観光地だけではなく、知られざる場所をまとめました。また、2015年にピースボートがセブに寄港し、筆者は仕事で乗船されている方々のツアーを担当しました。その際にピースボートにも乗船させてもらいましたので、この項でもご紹介したいと思います。

セブのハーレー・ダビッドソン軍団の基地に潜入してみた!
ダナオの中心、Tomas De Villanueva教会
数少ないマクタン島のパブリックビーチ「Vano beach」に行ってみた!
ダナオ漁港の隣、セブやマクタンにはない海沿いの公園
セブに寄港した大型客船「ピースボート」の全貌に迫る!前編
セブに寄港した大型客船「ピースボート」の全貌に迫る!後編




6 ツーリング記事

IMG_4915

筆者のエキサイトセブの記事で、他のライターさんとは大きく異なっていたのがツーリング記事です。3回行った大規模なツーリング企画では、マクタン島を出発地としてセブ島本島の南端、西海岸への山越え、そして東海岸の漁港へ訪れました。機会があればみなさんも挑戦してみて下さい!

ツーリング第1弾!往復320キロ、セブ島の南端までバイクで行ってみた!
ツーリング第2弾!セブ西海岸バランバンを目指す往復130キロの旅。
ツーリング第3弾!セブ市内から北へ1時間、港町ダナオの漁港




今回はエキサイトセブでの最後の執筆ということで、2013年からの記事の中から面白いものを厳選して集めてみました。エキサイトセブには筆者の記事だけではなく、いろいろな観点から複数のライターがセブやフィリピンの情報を毎日発信していますので、これからも是非チェックしてみてくださいね!

(Taku)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。