the id is 32512

フィリピン(セブ島)のスーパーにある日本では手に入りにくいものを探してみた

Pocket

昨今ではインターネットの普及で海外商品もネットショッピングから手軽に購入できるようになってきましたが、海外に来ると日本国内の店舗では目にしない商品は世の中にたくさんあります。

それもそのはず、日本は輸入規制が他国に比べ厳しいと言われており、特にサプリやドラック系は厳しくルールが定められています。

そんな日本に住んでいると海外旅行に行った際に国内では目にしない商品をよく見かけることがあります。

ここフィリピンのスーパーでも同じです。よくよく見ると日本にありそうでないものを発見することがあります。今回はそんなフィリピンのスーパーや薬局においてある日本ではあまり見かけない商品をピックアップして紹介したいと思います。



・サプリメント6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s一時期日本でもサプリメントブームが到来しましたが、それほどサプリメントは手軽に効率よく不足している必要な栄養を摂取することができる便利な健康アイテムなのです。

実は日本国内では販売が禁止されていても海外では当たり前のように店頭で販売されているサプリメントもたくさんあります。

たとえば「ナイアシン」。ナイアシンはビタミンB群の仲間で、血行促進やエネルギー生産に効果があるサプリメントとして海外では多くの方が利用しています。しかし、血管拡張作用があり、大量に摂ると、人によっては上半身のほてりやかゆみ症状など副作用が現れることがあるため、日本では店頭における販売が禁止されています。

その他にも性欲増強に効くサプリなど日本では販売が認められていない商品がフィリピンのドラックストアでは目にすることがあります。

 

・歯磨き粉colgate-largeフィリピンでメジャーな歯磨き粉はColgate(コルゲート)です。この歯磨き粉は歯が白くなるホワイトニング効果がかなり強いです。

日本では市販では配合できない成分まで入っているらしいですが、ホワイトニング効果は日本の市販で売られている歯磨き粉と比べると相当期待できるようです。

日本ではまだまだホームホワイトニングは一般的ではありませんが、海外では10代からホワイトニングをはじめる国も多いようです。

最近では日本でもホワイトニングが徐々に一般的になってきたため、若い女性を中心にコルゲートをまとめ買いしている姿をスーパーで目にすることがあります。

 

海賊版商品日本で偽物商品を製造・販売した場合、すぐに目を付けられて法の裁きをうけることになりますが、ここフィリピンでは偽物商品が蔓延しています。

もちろん日本のように著作権のような法律は存在するようですが、あまりの数に手が足りないの事実のようです。そのため、スーパーはもちろん、複数店舗を抱える有名な大型ショッピングセンターなどでも偽物が堂々と販売されています。

ちなみにおみやげにと購入して持ち帰れば罪に問われることになるのでお気をつけください。

 

【豊富な品ぞろえ編】

・コロンフィリピンはコロンの品揃えが本当に充実しています。理由はわかりませんが、筆者の予想では汗をかくので匂い防止をするためではないかと予想しています。

ブランドものからNOブランドの激安コロンまでさまざまな種類が売っているので、自分好みのコロンを見つけておみやげに持って買えるのも良いかもしれません。

 

・ベビーパウダーミニサイズからビッグサイズまで、あとは種類も全種類取り揃えております。コロンにしてもそうですが、汗対策のアイテムの品揃えが半端ないです。

若い女性はベビーパウダーをファンデーションの仕上げや化粧直しに使うらしいです。汗を抑えつつ潤いを保つのだとか。本当かどうかはご自身でお試しください。

 

・ラム酒フィリピンではラム酒が激安価格で購入できます。安いものだと50ペソくらいで購入が可能です。コーラで割ってラムコークはもちろん、トロピカルカクテルにして飲むのもいいかもしれません。

 

・ドライマンゴーセブ島と言えばドライマンゴーですよね。7Dマンゴーは圧倒的な人気で有名ですが、筆者が把握するだけでも10種類は販売されております。値段も非常に安いのでいろいろ購入して試食会をするのもおすすめです。以外と美味しいドライマンゴーがたくさんあることに気づきます。

 

今回はセブ島で実際に暮らしてみて気づいた日本のスーパーの品揃えと違う点を紹介させていただきましたが、今回紹介出来ていない商品も多くあると思います。

みなさんもショッピングをされる際はこのような視点でお買い物されるのも新たな発見があって面白いかもしれません。

最後に、この記事は今回紹介した商品の購入をおすすめするものではありません。
あくまで購入はご自身のご判断と責任でお願いいたします。

 

(REON)

 

 

CELC(セルク)語学学校公式ホームページ、本校留学資料請求はこちらから!


Pocket