the id is 30833

[マニラネタ]経済の中心エリアに位置するホテル「ニューワールドマカティ」

Pocket

先日エキサイトセブではマニラベイサイドの高級ホテルニューワールドマニラベイをご紹介しましたが、今回はもう1つの姉妹ホテルであり、マニラの経済の中心「マカティ」に位置するニューワールドマカティをご紹介します。



このホテルはマカティの中心地に位置しており、どちらかと言えばビジネスパーソンの宿泊に適したホテルです。周辺のホテルと比較すると、ニューワールドマカティには大きく3つ優れている点が挙げられます。

facade

1つは会議室の多さです。中二階のような場所には大小様々な会議室が多数設置されており、数名〜数百名の会議まで開催できるようになっています。このような設備がホテル内に備わっていることにより、ビジネス目的で訪れる団体の方がよく利用されるのがこのホテルの特徴の1つでもあります。実際に筆者もいくつかの会議室を見学しましたが、シンプルで使いやすい空間が作られていました。

room

2つ目のポイントは立地。マカティの中でも中心に位置しており、グリーンベルトの入口はホテルのエントランスを出て目の前の通りを渡るだけで到着するという至近距離、これぞ徒歩0分といった場所なのです。ビジネスで宿泊される方はホテルでの滞在時間が短く、戻ってきても既に20:00ごろになってしまうことも少なくありません。その時間からレストランを探すことは意外と難しいため、グリーンベルトがあれば22:00までは多くのレストランが営業しているので非常に便利と言えるでしょう。またお土産の購入も、ホテルを出発してグリーンベルト、ランドマーク、グロリエッタ、SMストアと連結したショッピングモールが続くので事欠かず、短時間の滞在で飽きてしまうことも少ないと思います。

lobby

最後のポイントは洗練された空間。他のホテルと比べると、ロビーに入った瞬間からシンプルかつ高級な空間づくりが徹底されています。日本の大きな駅のような印象も受けるロビーから、客室、ラウンジ、レストランなども美しく整備されているので、ワンランク上のホテルに泊まっている雰囲気を満喫して頂けます。ご友人が出張でマカティに宿泊される場合には、ニューワールドマカティをおすすめしてみてはいかがでしょうか。

ニューワールドマカティを格安予約!ホテルの詳細はこちらから。

(Taku)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。