the id is 30511

[マニラネタ]初めてジプニーを製造した工場を見学してみよう

Pocket

フィリピン在住の皆さんは日々ジプニーを利用していますか?初乗り8ペソで移動できる庶民の足であり、上手く使えばマニラでの交通費は大幅に削減できますね。そもそもジプニーとは、戦争の時代に米軍がジープ車両をフィリピンに持ち込んだことがきっかけで生まれた乗り物です。



戦後米軍が引き上げていく際にジープはフィリピンにそのまま残されました。これを活用したのがフィリピン人。ジープの馬力に目をつけ、車体を拡張することによって収容可能な人数を大幅に増やしました。

IMG_1797

当時ジプニーは可動部分であるジープ本体がなければ製造できませんでしたが、現在はエンジンさえ手に入ればジープの枠組みを鉄板から作り上げることができるほど製造技術が発達しています。日々多くの方が利用するジプニーですが、その製造工程は意外と知られていません。特に日本人の方々にとっては毎日目にしているのにも関わらず縁遠い乗り物になっているケースも少なくないと思います。せっかくマニラに在住しているなら、現地の足がどのように製造されているのか覗いてみるのはいかがでしょうか。

P1060364

Sarao Motorsはフィリピンで初めてジプニーを製造したと言われている由緒あるジプニー工場で、今も数多くのジプニーを新規製造したり、メンテナンスしたりと忙しく稼働している現役の工場です。この場所は一般にも開放されており、見学を行うことができます。鉄板からジプニーの枠が作られ、頭の部分と車体の溶接、更に内装、最後に塗装に至るまでステップを追って見ていくことができるので車が好きな方やお子様連れにもおすすめできるスポットと言えそうです。

IMG_1796

ジプニーの外観はどれも非常に派手ですがこれは当初、道端で乗客の目につくようにとあえて色彩豊かに作っていたそうで、現代ではその色合いの中にキャラクターや独創的な絵、メッセージなどが混ざり込んで1台ごとに個性豊かなジプニーが出来上がっています。Saraoで作られるジプニーはブランド物で、1台100万円を超えることも珍しくないといいます。ちょっと目線を変えて、ジプニーを詳しく学んでみてはいかがでしょうか。

Saraoに訪れることができるツアー情報はこちらをご覧ください。

(Taku)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。



Ads Open