the id is 30780

セブ島とマニラの比較を行う第五弾(春休みにお勧めツアーの紹介)

Pocket

セブ島とマニラの比較を行う第五弾、今回は「春休みにお勧めツアー」について比較してみたいと思います。2月も残りあとわずか、セブ島では何といってもビーチやローカルの雰囲気を味わいながら過ごすのがツアーの醍醐味ですが、今回はそんな一面とはまた別のツアーをご紹介いたします。



フィリピンは今年からバニラエアの開通をきっかけに日本からの直行便が増え、多くの観光客の方々で賑わっております。3月といえば春休みですよね。ご家族でご旅行を計画中の方やお仕事をされている方で3泊のプチ旅行を計画中の方、学生最後の思い出を作りたい人たちなどなど、セブ&マニラでは素敵な思い出やお楽しみいただけるツアーが盛りだくさんです。今回はこの時期に特におすすめのツアーをラインナップさせて頂きましたので、フィリピン旅行を検討中の方は以下のツアーをご検討してみてください。




WHALE SHARK

ジンベイザメ・スノーケリングツアー オスロブ

セブ島に来たら絶対に経験しておきたいことの一つ。それがジンベイザメとのスノーケリングです。セブ島ではジンベイザメを見るだけではなく、スノーケリングをしながら一緒に泳ぐことのできる、世界でも数少ない場所です。

ジンベイザメが生息するセブ島南部の街「オスロブ」までは、車で片道3時間と大変長い道のりですが、予想以上の近距離にいるジンベイザメを目の前にすると、誰もが大興奮し、一瞬にして苦労も忘れさせてくれる、そんな魅力があります。スノーケリング終了後はセブの海を見渡す高台のイタリアンレストランで優雅にランチをお召し上がりいただきます。ジンベイザメとの遭遇に自然と会話も弾むことでしょう。旅行会社で働くスタッフもオススメのイチオシツアーです!




IMG_6011

ファームウェルネス&デトックスツアー

全身を癒す大人の旅。マニラから片道2時間半、自然豊かな地域に広大な敷地を構える「The Farm」には、フィリピンの芸能人などもお忍びで訪れています。1日〜6ヶ月程の滞在まで、心ゆくまで体を癒やし、整えることのできる施設です。施設内には樹齢200年を超えるマンゴーの木、ヨガやデトックスができる施設などが揃っており、食事は肉のない野菜だけの体に優しいものばかり。自家農園で栽培されその日に収穫された新鮮な野菜で内側からも美しくリフレッシュすることができます。




CHAP

ボホール島チョコレートヒルズアドベンチャーパークツアー

ボホール島チョコレートヒルズアドベンチャーパークツアーは見所ばかり凝縮され贅沢ツアーです。特におすすめなのはバギーやジップバイクなどのアクティビティを体験しながらのチョコレートヒルズです。

通常展望台などから見るチョコレートヒルズですが空中散歩が出来るジップバイクから見るチョコレートヒルズはとても幻想的です。

またバギーを体験すればチョコレートヒルズは目の前に現れ、その壮大は忘れることはできません。またもちろんターシャやロボックリバーランチクルーズなどボホール島観光での人気ポイントも盛り込まれています。しかも18時ころにはセブ市内に帰ってくるツアーですので夜も十分楽しむことが出来ます。特に家族におススメのツアーです。




IMG_4165

アニラオスノーケリング・ダイビングツアー

マニラにもこんなにきれいな海が!セブにも負けない手付かずの自然が残るのはマニラのあるルソン島最南端のアニラオ地区です。魚影が濃いことでも知られ、マニラに駐在の日本人の方々の中にはアニラオダイビングチームがあることが美しさの証明。に観光で訪れても楽しめること間違いなしです。ダイビングだけでなくスノーケリング、アウティングと呼ばれる離島へ赴くツアーもありますのでマニラ観光の1日を海で過ごしてみてはいかがでしょうか。




Exif_JPEG_PICTURE

セブ市内観光

セブの歴史、文化、人々の生活などが凝縮されたのがセブ市内観光です。マゼランクロス、サントニーニョ教会やサンペドロ要塞ではセブの歴史を学ぶことができ、カルボンマーケットでは地元セブの人々の生活面が垣間見えます。

お昼はセブでも有名な老舗フィリピン料理レストラン「ライトハウス」です。日本人にも合う味付けでとても人気があります。その後はセブ最大のショッピングモールSMセブシティにてショッピングです。ドライマンゴーやバナナチップスCebuプリントTシャツなどなどお土産が一気に購入できます。

セブの魅力がギュッと詰まっており、効率よく市内を回れます。15時ごろにはホテルに戻るのでその後の時間も有効に使えるのもうれしいです。






パグサンハン川下り&滝壺いかだ

圧倒的な迫力で迫る自然の中を滑り降りる快感ラフティング!マニラから2時間ほどで到着するパグサンハンでは、大きな滝と川が皆さんを待っています。ラフティングというと「川下り」という印象ですが、パグサンハンではカヌーに乗って「川登り」からスタート。2人の船頭さんが滝壺まで案内してくれます。

パグサンハンの滝は水量が多いことで有名です。ヘルメットを被って滝壺に突入すると周りの音が全く聞こえない程水しぶきが!常夏フィリピンならでは、通年楽しめる水のアクティビティです。




セブとマニラを比べると、セブの方は今人気のボホール島での観光や、時間がない方はセブ市内の観光と歴史や文化を学んだり、ジンベイザメとのシュノーケリングがお勧めです。マニラでは定番の市内観光だけではなく、少し郊外へ出てセブにはみられない自然を楽しむのがおすすめ。皆さんはどちらがお好みでしょうか??

今年の春休みは少し背伸びをして、短期の旅行から長期の方まで思う存分素敵な思い出を作りにフィリピンのセブ&マニラを訪れてみてはいかがでしょうか!


Pocket




Ads Open