the id is 29757

[ギャラリー] SMシティセブモールに登場したクリスマスビレッジはどんな感じだろう?

Pocket

SMシティセブモールでは毎年11月辺りから、ノースウィングにて巨大なクリスマスツリーや、ミニチュア建物の模型を使って冬の街を表現するクリスマスビレッジ(Christmas Village)が展示されています。

エキサイトセブでも2013年から毎年このクリスマスビレッジを紹介しており、ベースは同じというものの、新しいテーマを取り入れたりして例年とはまた違った感じの街になっていたりします。

さて、2016年に登場したクリスマスビレッジはどんな感じなのか、見てみましょう!



このクリスマスビレッジは病気を抱えている子どもたちへのチャリティーイベントになっており、ビレッジ内の建物や鉄道などをイベント期間中に購入することで寄付をするようになっています。

img_7485

多くの個人や企業などがチャリティーに参加しており、建物の上や横などに付いているプラカードから確認することが出来ます。「616」など番号になっている場合は空きということになっているので、オーナーになりたいという方はクリスマスビレッジ付近のカウンターから申し込むことで出来ます。

img_7479

ノースウィングにあるクリスマスツリーはSMデパートメントストア入口前に設置してあります。2015年の時はゴールドを意識していたものに対して、今年は赤、緑、金色をミックスさせたザ・クリスマスツリーという感じになっていました。

img_7473

クリスマスビレッジを意識しているのか、下の方には建物がツリーを囲んでいます。2階の天井に届いているので、iPhoneなどで写真を撮る時はもう少し後ろか、下から撮ってみると良いでしょう。

さて、クリスマスビレッジはクリスマスツリーから右側のエリアに展示してあります。昨年には無かった入り口が設置してあり、ここの撮影ポイントになっていました。

img_7474

オーナーになるには寄付金を渡す必要があるものの、展示を見るには無料になっており、写真撮影も可能になっています。

img_7487 img_7481

比較的例年と同じミニチュアが使われていますが、地形や配置は違っているので、毎年新鮮に感じることが出来ると思います。

img_7479 img_7478 img_7480

2015年の時は空港エリアがありましたが、今年は教会がエントランス部分に展示されてありました。教会のミニチュアがバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂みたいだったので、それをイメージしているのかもしれませんね!

img_7476

また珍しく鉄道模型も走っていたのですが、しばらくすると止まったので、走っている様子を見れるというのはもしかしたらレアな光景なのかもしれません。

img_7488 img_7492

住宅街エリアや、港、遊園地など色々な風景を見ることが出来るので、デートスポットなどにもオススメです。SMシティセブモールに来た際にはぜひチェックしてみてはいかがですか?

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。