the id is 28923

ダンキンドーナツが販売するプレミアムドーナツのオススメ、Choco Wacko(チョコワコ)

Pocket

セブ島にはクリスピー・クリーム・ドーナツやJCOドーナツなどのドーナツ専門店がありますが、少しドーナツの価格が高いと感じる方もいることでしょう。

安くて美味しいドーナツはどこ?とフィリピン人に聞けば必ず出てくるのが、ダンキンドーナツ(Dunkin’ Donuts)です。ダンキンドーナツでは20ペソ(約42円)とお手頃な価格で購入することが出来るので、庶民には人気のあるチェーン店になっています。

そんなダンキンドーナツでも、通常商品よりも上位になるプレミアムドーナツを提供しており、また違った楽しみ方をすることが出来ます。数多くあるプレミアムドーナツの中で、筆者がオススメするチョコワコ(Choco Wacko)というドーナツがあるので、今回はそれを紹介したいと思います。



ダンキンドーナツはコンビニと同じくらい色々なエリアで見かけることが出来るドーナツ店です。多くの場合はモール内にあり、買い物のついでに家族へのおみやげとして1ダースのドーナツを購入していくフィリピン人や、朝食やおやつとして食べる事が多いです。

クリスピー・クリームやJCOなどに比べて約半額で購入できるだけではなく、甘みの強い味付けになっていることから男女老幼に人気があります。

img_4971

ダンキンドーナツで提供されているドーナツは一つ20ペソ(約42円)で購入できるのですが、一つ40ペソ(約84円)するプレミアムドーナツが数年前に登場し、ほとんどのダンキンドーナツで見つけることが出来ます。

img_4973

通常商品とプレミアムの大きな違いはドーナツのサイズ、使用されている食材で、もう少し大きく、生地がしっとりで、味が少し甘さ控えめになっているのが特徴になっています。

プレミアムドーナツは10種類以上ありますが、お店によって提供されているメニューがまちまちになっていたり、マニラ限定のものあるそうですが、今回紹介するChoco Wacko(チョコワコ)では多くのお店においてあり、オススメのメニューです。

img_4975

こちらがそのチョコワコ。全体的にチョコレートのコーティングがされてあります。サイズは平均的なドーナツと同じ感じ。

img_4978

生地はチョコレートが使用されてあるので、チョコレート好きには嬉しい商品になっています。

食べてみると、チョコレートが固まっている部分がサクサクとしており、しっとりとした生地の組み合わせがまた美味しいです。ダンキンドーナツで提供している通常商品のチョコレートドーナツよりは甘さが控え目になっていますが、それでもまだ甘いのでコーヒーや牛乳と一緒に食べるのがオススメです。

他にも色々なプレミアムドーナツがあるので、今回紹介したチョコワコ以外の商品も試してみると良いですよ!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。