the id is 28535

セブ島での滞在をより楽しくするために。スリや置き引きから守るための覚えてくべきこと

Pocket

長期、短期に限らず、フィリピンやセブ島での滞在期間は楽しい物にしたいと思うはず。

家族連れや友人同士で行くことが多いセブ島ですが、中には女性のみでセブ島に訪れる観光客も増えてきました。日本には無いような経験が色々できるので、それを発見するのが海外旅行の楽しみの一つですが、日本にいるような感覚で過ごしてしまってはいけません。

今回は比較的遭遇しやすい、スリや置き引きの被害に会わないための注意点などを紹介したいと思います。



フィリピンでは2016年の6月から大統領が変わった事で治安や犯罪のイメージを一掃し、より安全な国を目指していますが、日本のような治安が良い国になるにはまだまだ時間が掛かりそうです。

特に留学生や観光客を狙ったスリや置き引きなどは多く、モールなどといった人が集まる所で堂々と物を盗まれるケースがあるので、スマートフォンやタブレットの電子機器、クレジットカードなどが入った財布などは注意する必要があります。

IMG_2073

フィリピン人は南国らしい陽気で心優しい人が多いイメージを持っているものの、皆が皆そういうわけではありません。優しくされて、詐欺にあってしまったり、ストリートチルドレンによるスリなども報告されています。

スリや置き引きなどの被害に遭わないためには、自分自身で守る必要があります。

IMG_1327

モール内での買い物や食事については持っているバッグなどに細心の注意を払いましょう。

買い物中は目の前にある商品についつい気を取られてしまう時やバッグが半開きで中身が見えている状態になっている時などに狙われることも多いので、大切な物が入っている場合は、バッグを手前に持ってきて移動するなどをすればよいでしょう。

混雑したゲームセンターなども、人とすれ違う時にスリの被害に遭うことがあるので、特に人混みが多い所では注意しましょう。IMG_1917

レストランでも置き引きによる被害に遭うことがあり、話や仕事などに夢中になっていて、バッグごと盗まれるというケースもあります。

また、日本ではカフェなどの席の確保、トイレにいく時にパソコンやスマホ、バッグなどを置く場合がありますが、それをフィリピンでやるのは止めておきましょう。その代わりに折りたたみ傘や本、水筒などを置いておくと良いです。

夜にマンゴーアベニューなどに行ってナイトライフを楽しむ方もいると思いますが、その時は人が少ない道は歩かない、高価なものや大金を持ち歩かないなどを頭に入れておきましょう。

移動中も同じで、タクシーを降りる前は座席内にスマートフォンや財布などが落ちてないか、しっかりと確認してから降りるようにしましょう。

これらの事を頭に入れて、セブ島滞在をより楽しい物にしてみてくださいね!

 

(TETSU)

 


Pocket