the id is 28478

セブの日差し対策にはサングラスが必要不可欠!FLY Shades(フライシェーズ)のサングラスを買ってみた

Pocket

セブ島では日中の平均気温は30度以上と常に夏日が続いているためその暑さ対策は人それぞれです。この暑さをしのぐのにビーチやプールなどに行ったり、ショッピングモール内で涼みながら冷たいスイーツを食べたりされるかと思います。

中でも便利なツールはやはりサングラス。お手頃な価格のものから有名なブランドまで種類が豊富ですが、SMモール内にあるお店でオススメなサングラス専門店のFLY Shades(フライシェーズ)を見つけたので、チェックしてみましょう。



日本は恥ずかしさからあまりサングラスを掛けないという方もいるかもしれませんが、フィリピンは日差しがとにかく強いので、恥ずかしがる場合ではありません。紫外線から目を守るには持っておいたほうが良いアイテムの一つなのです。

IMG_2139ブランド物のレイバンなどといった高いブランドの物が良い方は、メガネ専門店で購入することをオススメ。

しかし、できれば1000ペソ(約2,200円)以下で購入したいと考えている方はモール内にサングラス専門店を見つけることができるので、そこで購入すると良いでしょう。

今回筆者が紹介するFLY Shades(フライシェーズ)もその一つで、SMシティセブモール内の1階、ジョリビーが見える出口付近に見つけることが出来ます。
IMG_2135-001

シンプルなものからスタイリッシュまで幅広いデザインのサングラスが提供されています。

街中で使用するのも良し、ビーチに行く時に使用するなど、シチュエーションに合わせて色々持っておくと便利かもしれませんね!

IMG_2136

価格もそこまで高くはなく、どれも350ペソ(約777円)程度から購入することが出来ます。

IMG_2141今回筆者はティアドロップ型のサングラスを購入しました。価格は450ペソ(約999円)で、サングラスの他にソフトケースとメガネ拭きが付属しています。

日中に外出する方が多いという方はこのタイプのデザインであれば目を覆う面積も広いので、強い日差しと紫外線から守るのにはバッチリです。

筆者はそのデザインからTシャツに短パン、またはデニムなどの服装と合うので、大変重宝しています。

高価なサングラスも良いですが、ビーチで落としてしまったり、盗難や置き忘れなどのリスクも。しかし、この様な安価なサングラスではそのような心配もないので、気軽に着用できるのでは無いのでしょうか。

セブ島では日本とはまた違った暑さなので、ビーチや街を歩く際にはサングラスを一つ購入して、快適な滞在を過ごしてみてはいかがですか?
(TETSU)


Pocket