the id is 27260

マニラ国際空港(NAIA)でSMART社のSIMカードを購入しよう!

Pocket

マニラ国際空港(NAIA)にて、フィリピン用のSIMカードを購入しました。個人的にですが、バックパッカーにとって携帯電話って大事なものだと思うんです。

特にSNSをやったり、LINEで連絡をとったりと、現地に着いた時にSIMカードを購入するメリットはかなり大きいです。これは間違いないと思います。

今回筆者は、フィリピンのマニラ国際空港(NAIA)のターミナル3にて新しいフィリピン用のSIMカードを購入したので、それについての記事になります!

フィリピン(特に空港にて)でSIMを購入する際は役に立つ記事に仕上がってますよ!!


フィリピンの携帯電話事情

大きく分けてフィリピンでは、以下の3つの携帯電話会社があって、基本的に旅行客はこれらの中から選ぶことになると思います。
  • Sun Cellular
  • SMART
  • Globe
その中でも筆者的な意見としては、SmartかGlobeのSIMを選ぶのが良いと思います。というのも、Sunはかなりローカルに人気のある携帯会社ですし回線の規模も小さいので、観光客にオススメできる携帯電話会社ではありません。あと値段も安いのが怖いですよね。

なので、SmartかGlobeがダントツです。

20160422010824

この二つならば安心して携帯電話が使えることでしょう!またこの2つであれば、街中でも安定してインターネットが使えるので、InstagramやTwitterなども気楽にポストできます!!

空港でSIMを購入しよう!

では早速、空港にてSIMカードを購入してみましょう。必要なものは特になにもありません。必要なのはお金だけ!!少ないですね。簡単に購入できちゃうのであっけないですよ。

あ、ただSIMフリーの携帯電話は絶対必要なので用意しておいてください。

オススメはAsusのZenPhoneやiPhoneなどありますが、なんでも大丈夫ですよ!最近では、ヨドバシカメラなどでもSIMフリーの携帯電話を購入できるようになったので、バックパッカーになるのであれば一つは用意しておいたほうが良いかもしれません。

ブースを探す

20160422010657

まずはじめにSIMを売っているブースを探しに行きましょう。マニラ国際空港(NAIA)では入り口を入ったすぐのところにSMARTかGlobeのSIMを売っているブースを見つけることができます。

やる気のないお姉ちゃんやお兄ちゃんがSIMを売っているので、近づいて話しかければオッケーです。フィリピンではどちらでも使えるので、SMARTだろうがGlobeだろうが構いません。

好きなほうを選んでください。

SIMを選ぶ

20160422010746

筆者の中でGlobeは少し高いイメージがあったので、今回はSMARTを選ぶことにしました!!ここはあなたのお好みでオッケーなので、先に見つけた方のSIMで大丈夫ですよ。

要は気持ちが大事です。

さっきの写真ではお姉ちゃんが売っていましたが、そこのブースとは違うところで購入したので、若いお兄ちゃんがセットアップしてくれました。

携帯電話会社には、いろいろな種類のプランがあります。300ペソや500ペソなど、種類は様々なので、売り場の人の説明を聞いて決めましょう!!

筆者の場合は、500ペソで1週間のインターネットなどが付いたプランにしました。今の所TwitterやInstagramを使っていても問題が無いので、よかったな〜という印象があります。

セットアップについて

SIMカードのセットアップについては、基本的にブースに居るお兄ちゃんや、お姉ちゃんに丸投げして問題ないと思います。ただ、言語は日本語から英語に変えておく必要がありますので、気をつけてくださいね。

さすがにフィリピン人でも日本語はわかりませんからね。

丸投げしておけば、すべての設定をしてくれるのであとは使うだけです!!

少しの滞在期間であれば、ロード(プリペイド)の分は切れないと思うので安心して使えますよ。

まとめ

バックパッカーとして携帯電話は欠かすことのできない必需品となっています。それはインターネットもそうですが、緊急事態、また友人との連絡手段としてなど使用方法は多岐に渡りますよね。

今回はマニラ国際空港での方法を紹介しましたが、大抵の場合セブ島などを含む空港に今回と同じようなキャリアのブースが用意されているので、SIMをここで購入しておくと良いですよ!

 

(ひろ)

[ ともろぐ!マニラ国際空港(NAIA)でSIMカードを購入しよう!筆者はSMARTという会社を選びました。]


Pocket

hiro

ライターについて:

ボランティア、現地大学(サンカルロス大学)を経て、現地の旅行会社に勤める事になりました。今までの目線は変えず、フィリピン人のローカル目線、日本人観光客、セブ在住者として、ローカル記事から観光記事など幅広く記事の提供を努めさせていただきます!