the id is 26707

フィリピンに来たら一つ持っておきたい必需品、サニタイザー(Sanitiser)

Pocket

セブ島は木々や海などがあるので自然豊かではありますが、ジプニーなどの影響で空気が濁っていたり、日本に比べてインフラも整っていないので、衛生的に心配になってしまいますよね。

日本のほとんどのレストランなどには手洗いエリアなどがあるので、食べる前に手を洗うことが出来るのですが、フィリピンのレストランには用意されていない場合もあります。

何か口にする前に手を綺麗にしておきたい、というのはフィリピン人も同じこと。でもどうやって手を綺麗にしているのでしょうか?実はフィリピン人の多くはサニタイザー(Sanitiser)を常に持ち歩いているからなのです。

 



サニタイザーとは日本語で殺菌剤、または消毒液といいます。

日本だと保健室や病院などに置いてあるイメージが強いので、出かけるときに持ち歩くという事は無いと思いますが、フィリピンでは日本と比べて衛生面で気になる事も多いため、小さいサニタイザー(消毒液)をバッグの中に入れて持ち歩くフィリピン人を多く見かけると思います。

サニタイザーは主にスーパーマーケットのカウンターエリアや薬局などで見つけることができ、ジェルタイプのものからサラサラとした液体タイプ、女性向けに香り付きのものなど、数多くの種類のサニタイザーを見つけることが出来ます。

これらのサニタイザーは食事する前や、トイレに行った後に使われることが多く、フィリピンには必需品になっているのです。

IMG_1501

フィリピンではGreen Cross(グリーンクロス)というブランドのサニタイザーが人気。ですが、筆者のオススメはこちらのNatrials(ナトリアルス)のサニタイザー。

IMG_1513

色々なカラーが用意されており、サイズも小さめであるためパッと見るだけではサニタイザーに見えず、少しオシャレな感じが良いですよね。またバッグの取っ手部分などに簡単に取り付けられるため、女性にもオススメです。

IMG_1501-001

このナトリアルスのサニタイザーはピンクレモネード、緑茶&アロエ、グレープなどといった香りが用意されています。

IMG_1502

香りもそこまで強くないので、少しオシャレなサニタイザーが良いという方はこちらの商品をチェックしてみると良いかもしれません。

お店によって購入できるサニタイザーが変わってくる場合があるので、自分にピッタリのサニタイザーを見つけてみるというのも良いかもしれませんね!

 

(TETSU)


Pocket




Ads Open