the id is 26970

インフィニティプールが特徴的なクリムゾンリゾート(Crimson Resort and Spa Mactan)でデイユースを利用してみよう!

Pocket

この時期のフィリピンは暑い夏で、まさに海日和の日々が続いています!

こういう時にアイランドホッピングや少し遠出して海を楽しむのがベストですが、もう少し近場が良いという方にはマクタン島にあるリゾートがベストチョイスかもしれません。

中でもリゾート内のビーチやプールそひてブッフェを楽しめるデイユース(Day use)もオススメで、エキサイトセブでも何回か紹介してきましたよね。

今回は5星ホテルで開放的なインフィニティプールが特徴的なクリムゾンリゾート&スパ・マクタン(Crimson Resort and Spa Mactan)でのデイユースを利用してみたので、チェックしてみましょう!



海やプールに行きたいけれど、移動するのが面倒だったり、リゾートに行きたいけれどわざわざ泊まるまでもないと考えている方はリゾートが提供するデイユースがオススメです。

値段はそのホテルによって変わってきますが、安い所で1000ペソ未満、4つ星以上のホテルだとブッフェ付きで1800-3000ペソ以内に収まります。少々値を張ってしまいますが、綺麗なプライベートビーチ、そして美味しいブッフェを経験するのであれば行って損はないでしょう。

IMG_9878

今回紹介するクリムゾンリゾート&スパ・マクタン(Crimson Resort and Spa Mactan)はマクタン島のマリバゴ地区にあるリゾートです。大通りから脇道に入って行くと、住宅街のようなエリアに到着するので、そこをまっすぐ進んでいくとリゾートが見えてきます。

リゾートのエントランス部分は和風テイストなデザインとなっており、中庭もオシャレな感じとなっていました。

IMG_9861 IMG_9902

価格は一人2,490ペソ(約5,689円)と他のマクタン島にあるリゾートのデイユースを比べてみると少々高めになっていますが、オフシーズンまたはプロモーションによって安く利用できる場合があります。

クリムゾンリゾートのデイユースを利用する場合は事前に電話でも予約をしておくとベストです。なぜなら、一日辺りのデイユース出来る人数を制限しているためです。

IMG_9862

レセプションで支払いを終えると、上の写真のようなリストバンドとブッフェ用の食事券を渡されます。そしてリゾート内にあるロッカーとタオルが利用可能になります。

IMG_9868

シャワーも付いているので、思う存分楽しんだ後にシャワーを浴びてその後マッサージやモールに行くという事も出来るので便利です。

IMG_9875

リゾートの中央には他のマクタン島のリゾートには無いようなインフィニティプールがあるので、その綺麗な景色には圧倒されてしまうことでしょう。

IMG_9877

全部で3つのプールがあり、リゾートから手前の2つが浅目のプールで、ビーチに近いプールが少し深いものになっていました。

IMG_9880

2番目と3番目のプールの間に小さな橋があるのですが、その橋の間はガラスで塞がれているので、通れないようになっていました。

IMG_9883

敷地内には他にも遊具が置いてあるキッズエリアなどもありました。

IMG_9870 IMG_9871

しばらくプールなどで遊んでいるとお腹が減ってくるもの。デイユースで利用できるレストランはプール付近にあるSaffron Cafe(サフロンカフェ)に行って、ブッフェを楽しむことが出来ます。

IMG_9864 IMG_9890 IMG_9889

ブッフェなので色々な料理が用意されています。味は美味しいものの、もう少し種類が多ければ良いかなという感じはしました。

IMG_9893

食べた後は、プールサイドでゆっくりしてまたひと泳ぎするのも良いでしょう。時間を忘れて楽しめるというのがリゾートの一つの楽しさですよね。

IMG_9886

このリゾートがあるエリアはタクシーが拾えにくい所ですが、帰る時やどこか違うところに行きたい時などにはレセプションでタクシーを呼べば用意してくれるので安心です。

フィリピンの暑い夏を楽しめるのもあと1ヶ月ちょっと!セブ島に滞在している方も、まだビーチに行っていないという方は、このクリムゾンリゾート&スパ・マクタンに行ってみるというのも良いかもしれませんよ!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。