the id is 26561

日本のバーベキューとはまた違った、フィリピン現地のローカルバーベキューを見てみよう!

Pocket

フィリピンは本格的に夏がやって来ました!

夏といえばスタミナをつけられる肉料理が食べたくなるものですが、レチョンがフィリピンの代表的な料理というところを見てみると、フィリピン人がどれだけ肉料理が大好きなのかが伺えることでしょう。

フィリピン料理などに行けば肉料理を見つけることが出来ると思いますが、ローカルのバーベキュー屋さんもフィリピンに来たら試しておきたい料理の一つです。



セブ島ではローカルバーベキューを楽しめる所がラシアンなどを含め色々なエリアに点在していますが、今回はマクタン島内にあるバーベキュー屋に行ってみる事にしました。

中に入ってみると煙がモクモクと立っており、オープンな感じです。セブ市にあるバーベキュー屋も同じように開放感あふれるレストランになっています

ローカルのバーベキューは安く食べられるという事から現地の人々の他、近くにある語学学校の生徒さんたちが多く来ており、たいへん賑わっていました。

レストランのスタイルはお店に並んでいる生肉を選ぶ所からスタートします。お皿に自分が食べたいバーベキューをセルフで取って行ったり、店員さんに頼むなどしてオーダーします。

IMG_1432

取り揃えている部類は幅広く、豚肉、鶏肉、魚などのが用意されていますが、鶏皮、砂肝、レバーなどもお店によっては用意されているので色々な種類を試しておくと良いかもしれません。

ちなみに味付けはバナナケチャップをベースにした赤くて甘みのあるタレが使われており、日本人の口に合うと思います。またタレだけでご飯が進んでしまうので、病みつきになってしまうかもしれませんね!

IMG_1518

基本的に甘いタレなのでそのままでも美味しいのですが、もう少し味にパンチが欲しい場合は醤油、お酢、唐辛子が用意されている場合があるので、それに付けて食べるというのも美味しい組み合わせです。

唐辛子はなんの加工もされていない生の状態なので、スプーンなどである程度すり潰してから、酢しょうゆなどを混ぜていきましょう。唐辛子は結構辛かったりするので、注意が必要です。

IMG_1433

お米は食べるお店によって変わってきますが、ほとんどはプソが用意されているので、プソを好きなだけ食べて会計の時にオーダーしたバーベキューとプソの数を言いましょう。

またスプーン・フォークの代わりに手袋が用意されている所が多いので、日本人にはあまり馴染みのないハンドフードで食べることになります。こういったものを経験していくというのもセブ島観光の一つの楽しみだと思いますので、ぜひローカルのバーベキューに足を運んでみてはいかがですか?

 

(TETSU)


Pocket