the id is 26288

[マニラネタ]フィリピンの軽井沢!避暑地タガイタイへ行ってみよう

Pocket

フィリピンといえば暑い!熱帯!というイメージが非常に強いと思います。事実、年間を通じて平均気温が25度前後と肌寒く感じることはめったにありません。しかしマニラ近郊にはフィリピン人の中で非常に有名な避暑地があります。今回はこの「タガイタイ」を訪れて雰囲気を感じてきました。



今回筆者が訪れたタガイタイはマニラから南に約1時間30分離れた場所にある高地です。周辺にはタール湖や世界最小の火山タールボルケーノがあり、この2つの豊かな自然の要素が人々を惹きつけています。

まずタガイタイで最も有名なのはピープルズパークと呼ばれている展望台です。この場所は昔アメリカ大統領訪問の際の宿泊施設として建築されたものの、途中で不正が見つかり頓挫したという歴史を持つ建物です。山の山頂にあるため、ぎりぎりまでは車で向かった後、最後の数百メートルは専用のジプニーで頂上を目指します。

下の動画は今回現地で実際にそのジプニーに乗った様子です。



 

タガイタイは魅力的な観光地といえるスポットが沢山ありましたが、今回はその中で幾つかに絞ってご紹介します。タガイタイの詳細まとめ記事は後日執筆しようと考えておりますのでこちらもお楽しみに!

ピープルズパークからの眺望

IMG_1705

非常に景色の良いこの場所からは開けた眺めを楽しむことができます。少し見えにくくなってしまいましたが、写真右奥がタール湖です。タガイタイは高地のためしばしば霧が発生し視界が悪くなることもあるのですが、幸い今回は天候に恵まれて素晴らしい景色を見ることができました。

コーヒービーンがオランダ風?

IMG_1714

フィリピンではよく見かけるコーヒーショップの1つである「コーヒービーン」ですが、なんとタガイタイではその建物が風車のようになっています!なんだかオランダの風車群の風景を思い出させてくれるこの建物はピープルズパークへ向かう手前1キロ辺りで見つけることができます。もしこの建物を訪れてみたい!という方はピープルズパークへ向かう道沿いで進行方向左手に注目していると必ず見つけることができます。目立つ建物なので記念写真にもいいですね。

避暑地ならではの視界と雰囲気

IMG_1729

日本でも軽井沢や箱根など避暑地には必ず自然豊かな景色が広がっていますが、もれなくこのタガイタイも同じように自然に溢れ、空気もおいしく感じます。タール湖周辺ではほとんどの場所から視界が開けている他、湖に向いたレストランはその眺望を売りにしています。タガイタイを訪れたら是非景色を楽しんでください!

IMG_1732

こちらは番外編としてご紹介したいホテル「ディスカバリープレミアタガイタイ」です。全室7部屋しかない隠れ家的なホテルで、筆者が現地を訪れた際には満室となっていました。ハネムーンや家族での観光に適しているタガイタイはメトロ・マニラの喧騒から一息つきたい人々、それはフィリピン人も外国人も関係なく、沢山の方が羽を休めているのです。マニラ観光だけでなく、タガイタイ観光も旅行の日程に組み込んでみるのも面白いと思いますよ!

(Taku)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。