the id is 26129

[マニラネタ]お弁当が人気!BGC内「Go bento」

Pocket

マニラには日本食レストランが数多く進出していますが、その中には日系のチェーン店とフィリピン系のレストランがあります。もちろん日系のレストランは味が安定していて美味しいのですが、現地のレストランも負けてはいませんよ。今回はBGC内の「Go bento」をご紹介します。

今回筆者が訪れたのはボニファシオグローバルシティー内にある軽食レストラン「Go bento」です。シャングリ・ラ側からハイストリートの左側の歩道を進んで行くと見つけることができると思います。このレストランは名前が日本の「弁当」になっています。お弁当と言えばランチの定番ですが、最近は駅弁、空弁も人気が高く海外でも「BENTO」の認知度が高まっているようです。

Go bentoの周りにはオフィスと商業施設が密集しており、お昼時には多くのビジネスマンや観光客がランチを取ります。沢山のレストランの中には高級なものや、以前ご紹介した富士そばなど日系のチェーン店もあり、選ぶオプションは多彩です。Go bentoはその中でもさくっと、時間のない時に嬉しいレストランでテイクアウトも可能。どのような販売方法なのでしょうか。

IMG_1617

入り口を入ると左側に進むように看板が立っており、トレーを持って進みます。左側には扉のない冷蔵庫、ちょうど日本のコンビニに設置されているお弁当を置いている冷蔵庫と同じようなものがあります。トレーの次にまず見つけることができるのは飲み物で、コーヒーやスポーツドリンク、水などがあります。更に進んでいくと刺し身エリア、丼エリア、巻物エリアと続いており、値段を見ながら好きなものを取ってトレーに置きながら進んでいきます。最後にはサイドメニューの焼きそばや餃子、追加のライスなどが並んでいます。

IMG_1616

またその奥のエリアにはヌードルエリアがあり、味噌やなんとすき焼き味のヌードルも提供されていますが筆者は今回パスしてしまいました。このエリアの最後にはとんかつや唐揚げ、天ぷらなどの追加トッピングがあります。全てが終わるとレジになり、会計を済ませます。ちょうど大学の学食や社員食堂のようなシステムになっていますね。

IMG_1614

ランチ時はしばしば時間がなく、ゆっくりと座って会話をしながらランチを楽しむことができないことも有りますよね。そんな時にお弁当は既に完成している物をすぐに購入できる点で利便性が高くマニラでも受け入れられつつあります。ファミリーマートでは日本のコンビニのようなお弁当の販売も始まって、今後益々日本食の認知度が高まっていきそうですよ!

(Taku)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。