the id is 25333

フィリピンの有名なクリスマスソングと言ったら、どういうものがあるのだろう?

Pocket

もういくつ寝ると・・・クリスマス?

フィリピンは国民のほとんどがカトリックという事もあり、クリスマスは一年の中で大切にしているイベントでもあります。日本のようにカップルと過ごすのではなく基本的に家族や親族を集めてパーティを開いたり、学校などではクリスマスをテーマにした劇が行わるなどのイベントが行われます。

また、日本ではあまり馴染みないですが子どもや大人のグループが他人の家の前でクリスマスソングを歌う、クリスマスキャロルなどを見かけることも出来ます。

クリスマスソングといえばジングルベル、赤鼻のトナカイなど聞き慣れたものがあると思いますが、フィリピンにもオリジナルソングがあるというのはご存知だったでしょうか?

この時期のモールやお店などでも流れている事も多いフィリピンのクリスマスソングですが、一体どういったものがあるのか、有名なフィリピンのクリスマスソングを今回紹介してみたいと思います!

 



以前の記事にも書いてあるように、フィリピンはクリスマスが大好きです。早いところだと9月からクリスマスムードになる所もありますが、ほとんどの場合は11月頃にツリーを飾ったり、店内の音楽をクリスマスソングに変えたりしています。

この時期のモールなどに行けば聞き慣れたクリスマスソングが流れていると思いますが、たまに聴いた事のない曲が流れていることはありませんか?実はその曲はフィリピンのクリスマスソングだったりするのです!

6561363321_67a3fbcb04_z

フィリピンはスペインによる植民地支配と同時にカトリックが布教され、自然にイエス・キリストの誕生である12月25日を祝うクリスマスが一般的になりました。しかし16日から25日まで毎日早朝教会でお祈りをする、Simbang Gabi(シンバン・ガビ)Parol(パロル)などといった独特なクリスマス文化があります。

音楽に関してもそれは同じ事で、西洋文化とはまた別にフィリピン人なりの神への感謝や家族、そしてクリスマスの日に起きるものを表現したフィリピンのクリスマスソングが出来上がってきたのです。

でも、どういったクリスマスソングがあるのでしょうか?色々なフィリピンのクリスマスソングがある中で、良く聞きそうな音楽をピックアップしたので見てみましょう。

1. Noche Buena(ノシェ・ブエナ)



ノシェ・ブエナというのはスペイン語でクリスマスイブを意味しています。「お姉さんはチキンのティノラスープ、お兄さんはレチョンを焼いていて私はパンとチーズがあり、今夜はクリスマスイブ、明日は楽しいクリスマス」という歌詞になっています。

ケーキやローストチキンではなく、レチョンとパンとチーズと言うのはフィリピン人らしい感じですね!

2. Ang Pasko ay Sumapit(アン・パスコ・アイ・スマピット)



メロディーを聴いてみるとすぐ記憶に残りそうな音楽ですが、歌詞の内容はイエスキリストが誕生した様子を歌にしています。子供達が歌うクリスマスキャロルやモールなどで良く聞く曲の一つで、イントロ部分は聴いたことがあるかもしれません。

3. Sa Maybahay Ang Aming Bati(サ・マイバハイ・アン・アミング・バティ)



フィリピンで1番有名ではないかと言われているクリスマスソングです。歌詞は非常なシンプルなもので「あなたの家で華麗なクリスマスがありますように。神を愛せばクリスマスは毎日になる事でしょう!」と歌ったもの。

子供達が歌うクリスマスソングでも良く使われるもので、「メリークリスマス」という部分のキーを外しやすいので、聴いててクスッとしてしまう曲です。

4. Paskong Anong Saya(パスコン・アノン・サヤ)



タイトルは「とても楽しいクリスマス」。クリスマスと新年を両方祝っている歌詞で、最後の部分の「あなたがハッピーだったら、クリスマスが来た時は更に満足できるはずだと確信します!」フィリピン人らしい歌詞やメリークリスマスのメロディーは印象に残りますね!

11369705313_b26d18bfae_z

紹介した上記の曲3つはフィリピンの伝統的なクリスマスソング。これより下はフィリピン人の歌手が歌ったクリスマスソングで有名なものをピックアップしました。

5. Nakaraang Pasko(ナカラアン・パスコ)



歌手で女優でもあるCarol Banawa(キャロル・バナワ)が2003年にリリースした曲。タイトルは「過去のクリスマス」という意味になっており、過去の恋人について想った歌詞になっています。

6. Himig Ng Pasko(ヒミッグ・ナン・パスコ)



APO Hiking Society(APOハイキングソサイエティ)が1991年にリリースした曲。タイトルは「クリスマスの音」。「外は寒いけれどクリスマスだから、嬉しい気分で悲しさなんてない。」という歌詞でクリスマスの楽しさを表現しています。

2135836856_21fee3f536_z

最後に、フィリピンクリスマスソングで忘れては行けない歌手がJose Mari Chan(ホセ・マリチャン)です。

ホセ・マリチャンは華人系フィリピン人の歌手で1990年にリリースしたChristmas in Our Heartsのアルバムは大ヒットとなり、フィリピンのクリスマスには必ずと言っていいほど彼の曲が流れています。

Christmas in Our Heartsに収録されている曲はどれも有名ですが、1番聞く機会のある6曲をピックアップしました。どれも英語の曲なので、聴きやすいと思いますよ!

8.A Perfect Christmas(パーフェクトクリスマス)


9.A Wish on Christmas Night(ウィッシュ・オン・クリスマスナイト)


10.Do you hear what I hear?(ドゥユーヒア・ワットヒア?)


11.Mary boy Child(メアリーボーイチャイルド)


12.Christmas In Our Hearts(クリスマスイン・アワハーツ)



いかがでしたか?この他にも色々なフィリピンのクリスマスソングがありますが、ひとまずこちらで紹介している曲を知っていれば、フィリピンのクリスマスパーティーをより楽しめるかもしれませんよ!

(MIKIO)

Photos: Viola’s visions, di_the_huntress~Thanks for a million views!,Nazza3a ( NAzNaZ….. ),Mykl Roventine


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。



Ads Open