the id is 25187

日本の居酒屋が恋しくなったらDozo Izakaya(ドーゾ居酒屋)でお腹も心も満たそう!

Pocket

海外で長い間生活をしていると、日本の居酒屋が恋しくなることがありませんか?

仕事終わりにお酒を片手に、枝豆、餃子、お好み焼き…心が開放的になって、話に花が開きます。バーやパブとは違った日本独特の雰囲気を持つ居酒屋。日本では忘年会シーズン真っ只中の今、なおさら居酒屋の美味しさや楽しさを思い出してしまいます。

そんな皆さんにぜひともおすすめしたいお店があります。実は、ここセブ島にも日本の居酒屋があるのです!しかも他の日本料理店と比べリーズナブルなお値段で、味も多くの日本人が舌鼓を打つほど高評価!

筆者も足繁く通うおすすめの日本居酒屋、Dozo Izakaya(ドーゾ居酒屋)をご紹介します!



お仕事の打ち上げや新年会、忘年会、歓迎会、送別会…様々シーンで、日本の居酒屋を利用されています。20歳を超えていると、居酒屋に行ったことがないと言う人のほうが少ないでしょう。筆者も例に漏れず日本では居酒屋をたびたび利用していましたし、仲間内でわいわいと盛り上がれる居酒屋の雰囲気が大好きです。

特に筆者の場合は広島県出身で、お好み焼きには目がないほど大好物です。日本を出発する前には、もう広島のお好み焼きを長い間食べることができないのだな…と少しだけ寂しくなったりもしました。しかし、セブ島にも大満足できるお好み焼きが食べられる日本居酒屋があるのです!

20151209-01

Dozo Izakaya(ドーゾ居酒屋)はアヤラとITパークのあいだ近くのCrossroads(クロスロード)にあります。Crossroadsと言えば、ほとんどのタクシーの運転手には伝わるはずです。

エキサイトセブでも過去に『日本風だけどやっぱりちょっと違う?新しくできたDOZO IZAKAYAに行ってみた!』『元広島在住者がセブで広島風お好み焼きを食べてみた。』と言うふたつの記事でDozo Izakayaは紹介しているのですが、この記事の頃からDozo Izakayaはリニューアルされており、味もほぼ日本の味で、きっと多くの方に気に入っていただけるはず!と言う確信のもと再度ご紹介させていただきます。

20151209-02

 

20151209-03

20151209-04

お店の内装は日本の居酒屋を踏襲していますが、ところどころ西洋風な演出もあっておしゃれな雰囲気がしています。バーも併設しているので、カクテルなどの本格的なお酒も飲むことができるのが特徴です。平日の夜は客席が空いておりBGMもないことが多いので静かですが、週末になると2階がクラブとなり1階にいてもサウンドがばんばん聞こえてきてとても賑やかになります。日本居酒屋とは言え、フィリピンらしさも忘れていません。

20151209-05

Beef Teriyaki 160ペソ(約430円)

フィリピンの炒めものと言えば甘辛くて味が濃く、途中で飽きてしまう…なんて感じられる方も多いのではないでしょうか。こちらのビーフ照り焼きはお肉は柔らかく、懐かしい割下の風味が口の中に広がって優しい日本の味がします。もやしはしっかり火が通ってるもののシャキシャキとしていて、野菜の質の良さと料理人の腕の良さを感じます。

20151209-06

Takoyaki 90ペソ(約240円)

フィリピンにはタコの代わりに野菜をいれたフィリピン風のたこ焼きがありますが、こちらのたこ焼きは日本の本格的なたこ焼きです!タコの欠片がとても小さいですが、ひとつ入っているだけで十分にタコの風味が生地に染み込んでいて、タコの味をしっかり感じることができます。生地に練りこまれた紅しょうががほどよく効いていました。

20151209-07

Okonomiyaki – Garlic & Cheese 120ペソ(約320円)

生地に具が練りこまれた関西風のお好み焼きです。生地はふわふわとしていて、パクパクと食べてしまいます。生地が4等分されているので、数名で来た時のサイドメニューとしてぴったりです。オーダーしたGarlic & Cheeseですが、ガーリックの風味はしっかりするのもののチーズは少ないようで、当たり外れがあるようです。

20151209-08

Dozo Yaki – All Toppings 240ペソ(約650円)

こちらが筆者がDozo Izakayaでもっともおすすめしたい商品、ドーゾ焼きです!広島風の中華そばが挟んであるお好み焼きで、2ピースととってもボリューミー。お店の名前が付いてるだけあって、自信作であることが伺えます。筆者はDozo Izakayaにくると必ずドーゾ焼きのオールトッピングをオーダーします。オールトッピングには豚肉、イカ、にんにく、チーズ、目玉焼きがはいっています。生地がふわふわな点は少し広島風お好み焼きのクレープのような生地とは違いますが、たっぷりのキャベツの甘さともちっとしたそば、ふんだんにいれたトッピングが胃袋を満足させてくれるはずです。

 

この他にも、Gyoza 120ペソ(約320円)がパリパリのハネ付きで生地はもちもち、Pork Kimchi 150ペソ(約400円)がジューシーな豚肉とごはんが進むほどよいピリ辛さ…などなど、おすすめ商品がたくさんあります。どの料理も日本を思い出させてくれるでしょう!

日本の居酒屋が恋しい!と言う方は、ぜひDozo Izakaya(ドーゾ居酒屋)で日本の味を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

(Misaki)


Pocket