the id is 25524

特別なひと時を過ごすなら本格イタリアンのAntica Osteria(アンティカ・オステリア)

Pocket

誕生日、記念日、祝いごと…1年の中で大切な人と特別なひと時を過ごしたいことも時にはあるでしょう。少しだけリッチでいつもと違う雰囲気を味わいたい賑やかなパーティというよりも時間を味わうように過ごしたい、そんな特別な日もあるのではないでしょうか。

そんなあなたの特別な日をしっかりと演出してくれるイタリアンレストランが、セブシティのバニラッドにあります。本格イタリアンが楽しめるAntica Osteria(アンティカ・オステリア)に足を運んでみました。



20151230-01

Antica Osteria(アンティカ・オステリア)は、セブ市バニラッドのA.S. フォーチュナ通りの近くにあります。日本コンビニの町家マートを目印に進んでいくと、One Paseoと言う少し高級な雰囲気のする集合施設があり、Antica Osteriaはその一角にたたずんでいます。

20151230-02

外装からも、ここがセブ島とは少し雰囲気が違うことを感じられるでしょう。

20151230-03

入口近くに窯が設置されており、ここでピザやパンを焼いているようです。筆者が訪れたときは、ウェイターさんに「現在窯でパンを焼いているので、ピザの注文は受け付けられない。」と言われました。

20151230-05

20151230-06

20151230-04

内装は暖色のライトや木調の家具、緑のタペストリーで、温かい雰囲気を感じることができます。ワインも多数取り揃えている他、オリーブオイルやパスタなども店頭で販売していました。Osteriaとはイタリア語で「居酒屋」を意味しますが、どちらかと言うと大衆食堂のようなイメージが強いようです。テーブルにはそれぞれ、バルサミコ酢とオリーブオイルが置かれていました。

20151230-07

本格イタリアンとあって、様々なチーズを取り扱っています。ワインのおつまみに絶品なチーズばかりですので、ぜひ注文されてみるとよいでしょう。

20151230-08

20151230-09

スターターにナスのオリーブオイル炒めとパンが出されました。突き出しのようなもので、こちらは料金には含まれていません。オーナーの方いわく、イタリア産のナスを使用しているようです。

20151230-10

Gnocchi Alla Sorrentina 300ペソ(約810円)

トマト、モッツァレラ、パルメザンをオーブンで焼き上げた、グラタンのようなニョッキです。ニョッキとは、小麦粉とじゃがいもでできた団子状のパスタのことで、他のパスタに比べてもちもちとした食感やじゃがいもの甘みを楽しむことができるパスタです。焼きたてのためチーズがよく伸び、トマトの酸味が控えめで意外にもぱくぱくと食べることができます。

20151230-11

Spaghetti Alla Carbonara 320ペソ(約870円)

ベーコン、卵、ペコリノチーズ、パルメザン、黒胡椒を使用したカルボナーラ。カルボナーラの独特の濃厚なチーズの風味よりもクリームの風味が立ち、ほろほろとしたチーズが柔らかく今までに味わったことのないカルボナーラでした。シンプルな味付けだからこそ、素材の良さと新鮮さをダイレクトに感じることができました。

食後にコーヒーでもと考えていましたが、ウェイターの方が何かとデザートにティラミスをおすすめしてこられたので、思い切って挑戦してみました。

20151230-12

Tiramisu home-made 120ペソ(約320円)

Latte 90ペソ(約240円)

こちらのティラミスが、筆者が今まで食べてきたティラミスの中でも断トツで上位にくるおいしさでした!しつこくない甘さに、チーズのフレーバーとほのかに感じるアルコールのアクセントが口いっぱいに広がります。筆者はふたりでシェアして食べましたが、食後だとシェアしてちょうどいい程度の、大満足のボリュームでした!ウェイターさんが強くおすすめしていたのもうなずけます。

 

ここが南国のセブ島であることを忘れさせてしまうようなイタリアンレストラン、Antica Osteria(アンティカ・オステリア)。温かく落ち着いた雰囲気と質のいいイタリア料理で、あなたの特別な一日を少しだけ豊かに彩ってみてはいかがでしょうか?

 

(Misaki)


Pocket




Ads Open