the id is 24952

意外と便利かも?セブパシフィック航空のモバイルアプリを使用して航空券を購入してみた!

Pocket

フィリピンのフラッグキャリアになりつつある、セブ島を代表する航空会社のセブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)は今年の1月に利用客1億人突破したり、福岡やシドニー便への提供開始など、非常に活発な航空会社です。

以前航空券の購入は旅行会社や航空会社での直接購入がメジャーでしたが、今はインターネットやデバイスなどの普及もあり、オンラインでの航空券購入が可能で大変便利です。

筆者も良くセブパシフィック航空を利用しており、航空券を購入の際にはウェブサイトで行っていたのですが、iOSやAndroid向けのモバイルアプリも提供しているとのことだったので今回はアプリを使って航空券を購入したいと思います。



エキサイトセブでも何回か紹介しているセブ・パシフィック航空は積極的にプロモーションを行っており、安い価格で国内や海外に行くことが出来るため人気のある航空会社の一つです。

マニラ⇔福岡間や、セブ⇔台北の新ルートも2015年の12月から就航予定で、提供エリアも徐々に拡大中です。

セブパシフィック航空のウェブサイトも日本語対応した事もあり、多くの方々がウェブサイトを使って航空券を購入していると思いますが、モバイル版のアプリもあったことはご存知だったでしょうか?

プラットフォームはiOS、Androidが対応しています。今回はiPhoneを使っているので、App Storeから「Cebu Pacific」などと検索してアプリをダウンロードしましょう。

IMG_1446

なおアプリ版は英語のみの対応のようです。新しく航空券を購入する場合はトップ画面の「I wan to」から「Book a Flight」を選択します。

2

すると出発場所(Fly From)到着場所(Fly To)出発する日(Departure)、戻る日(Return)、乗客数などの入力を行います。デフォルトでは往復(Return)が選択されているので、帰りのフライトがいらない場合はOne Wayを選択しましょう。

IMG_1264

なお出発、到着のロケーションはこの様な画面で選択が可能です。国内と海外のものがロケーション別にカテゴライズされています。

IMG_1428

最初の画面の入力を終えると、便名が表示されるので出発時刻や料金を確認しながら自分に合うフライトを選択します。

IMG_1265

フライトをタップするとこの様な詳細が表示されるので「Select」をクリックし帰りの便も選択します。

IMG_1430

これらを終えると小計を含めて確認画面が表示されますので、「Continue」をタップします。

IMG_1267

次の画面では個人情報の入力を行うので、名前や電話番号、メールアドレスを入力します。

4

そして次はアドオン。チェックイン用荷物の重量設定や保険などの追加を行います。筆者の場合は保険をオフにしました。

5

「Continue」をクリックすると席の指定を行います。PC版では「座席の指定を行わない」というオプションがあったのですが、なぜかモバイル版ではうまく行きませんでした。

IMG_1436

これらの入力を終えると最終金額が書かれた確認画面が表示されるので一番下にある「利用規約に同意する」にチェックを入れ、「Continue」をタップします。

IMG_1440

最後は支払画面。Master CardまたはVisaカードが利用可能の様です。発行銀行、発行国、カード番号、有効期限、セキュリティコード(CVV)と住所を入力していき、「Pay」をタップします。

8

すると「Thank you for choosing to fly with Cebu Pacific!」のメッセージが表示されるページに転送されるので、これで航空券の購入は完了します。予約番号(Booking Reference)も表示されているので、スクリーンショットなどで番号を控えておくと良いでしょう。

10

通常なら予約完了した時点ですぐに予約案内のメールが送られてくるのはずなのですが、今回予約を行った際は約15分後に予約案内のメールが送られてきました。

場合によってはこの予約案内が1時間経っても送られない可能性もあるので、その際はセブパシフィック航空のウェブサイトに行って、メニューの「チェックイン」>「搭乗券の印刷」を選択し、必要な情報を入れた後で予約案内を確認することが出来ます。

pc-screen

 

初めて使う場合は少々手間取ってしまいそうですが、慣れていけばスムーズにチケットを購入することができるので、便利だと思います。

良くセブパシフィック航空を利用している方は、是非こちらのモバイルアプリを使ってみてはいかがですか?

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。