the id is 24671

[マニラネタ]マニラにもあった!BGC内「富士そば」

Pocket

日本では自然と入ることもあるファーストフード。マクドナルドやKFCなど、日本で見慣れたファーストフード店がセブやマニラには沢山ありますが、セブにはまだない日本食ファーストフードの王様「そば」。そんなそばを提供する有名店「富士そば」に行ってみましたのでご紹介します。



筆者はこれまで沢山のセブに関しての記事を発信してきましたが、先日マニラに移住しましたので今後はマニラの情報を週に1回配信していきます。今回訪れた富士そばはグローバルシティー(BGC)内のハイストリートにあります。このエリアはハイエンドな店が集まっており、セブで言うとITパークの雰囲気で衣料品店などが立ち並んでいるような場所です。

 

IMG_9678

 

日本の首都圏の駅周辺で良く見かける富士そばですが、正直日本にいればそんなに毎日気にかけることもないかもしれません。しかしこれがフィリピンにあるとなると、とても貴重な存在になります。日本語のメニューや店内のアレンジがあるだけでも日本人にとっては嬉しいものですよね。

 

IMG_9674

 

今回筆者は初めてこの店舗を訪れたのですがこの周辺には実は富士そばがもう1店舗あります。場所はSMAuraという場所で、こちらもハイエンドな顧客を対象にしたアヤラセンターセブの地上階のような雰囲気の場所です。フィリピンの方々は日本食が好きなケースが多いようで、店内には数人の日本人の方のほかはほとんどフィリピン人でした。

 

IMG_9676

 

今回はセットで出ていたカツ丼+もりそばという超メジャーなセレクトをしてみましたが、どちらもとても美味しかったです。とくに印象的だったのは2点で、カツ丼のカツが非常に大きかったこととそばつゆが提供されたこと。どちらも日本人にとっては嬉しい限りです。またこれは余談ですが、「KATSU(カツ)」という言葉はフィリピンでよく浸透しており、至るとことで「Chicken Katsu」などの看板が見られるのは意外でした。

 

IMG_9677

沢山のメニューがあるので仕事帰りなどには毎日のように通ってしまいそうなこの富士そば。BGCは日本人が多く働いているエリアの1つなので、ある意味憩いの場になっているのかもしれませんね。

今後はマニラの様々な情報を発信していきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

(Taku)

 


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。