the id is 24236

スターウォーズのテーマを持つカフェ、Amidala Cafe(アミダラカフェ)でフォースの力を感じてみよう!

Pocket

SF映画の超大作といえばスター・ウォーズ・シリーズが有名ですよね。

1977年にジョージ・ルーカスが監督したスター・ウォーズエピソード4 / 新たなる希望から旧三部作、新三部作として既に6つの映画が登場していますが、2015年の12月18日に新しいエピソードとして「フォースの覚醒」が公開される予定となっており、全世界のスターウォーズファンが待ちわびています。

スターウォーズは映画のみならず、グッズはもちろんの事レストランやカフェなどといったスターウォーズのテーマになっているお店も多くあります。

そんな中セブ島でも新三部作に登場したパドメ・アミダラ姫の名前を冠したAmidala Cafe(アミダラ・カフェ)というのがあるのはご存知だったでしょうか?

 



スターウォーズを見たことがなくても、ライトセイバー、ダースベイダーのテーマ、R2D2や3POなどのキャラクターやテーマソングなどを聞いたことがあると思います。

1977年当時でアクションあふれるSF映画を作り出したこと、そしてストーリーが高く評価されている事で、年代を超えて多くのファンが世界中にいます。スターウォーズのグッズを販売している専門店や舞台などをテーマにしたレストランやカフェなども多く実在します。

そんな中で、セブ島にもスターウォーズをテーマにしたカフェがあるという事はご存知だったでしょうか?その名前はAmidala Cafe(アミダラカフェ)。そう、ダースベーダーことアナキン・スカイウォーカーの妻、パドメ姫から名前をとっている喫茶店です。

Amidala-drinks

ロケーションはマリア・クリスティーナ・アーケード(Maria Cristina Arcade)というロケーションに位置します。場所的に州政府庁舎であるキャピトルに向かうエスカリオストリートの近くにあります。

タクシーで行く場合は「サクレッドハートスクール・ヒジャス(Secred Heart Hijas)」と「バケーションホテル」と言えば良いです。これらの建物の前にこのアミダラカフェがあるはずです。

お店の中はそこまで大きくないのですが、この小ささと内装デザインを活用してスペースを確保しています。中に入るとカウンターエリア、ソファーエリアと可愛らしいスターウォーズのグッズを置いているスペースがあります。

Amidala-food-1080x675

デザインやカフェ内に置いてある小物も、結構ランダムになっているので、スターウォーズに詳しくない方でも訪れやすいカフェとなっており、コーヒーデートや午後の休憩などにもオススメかもしれません。パーキングも一応用意されていますが、時間帯に寄っては駐車できないかも。

気になるメニューですが、コーヒーとブラウニーは絶対にオーダーしておくべきメニューです。

Amidala-counter

提供しているメニューも多く、モカ、エスプレッソ、アイスコーヒーなどを提供しています。少しヘルシーに行きたいと思う方はフルーツ系のドリンクも用意されています。

初めて来る方はホワイトチョコレートチップスチョコロコというメニューがオススメ。

Amidala-coffee

ドリンク以外ではサンドイッチやスイーツなども用意されているので、合わせてオーダーしてみるのも良いかもしれませんね!

Amidala-yoda

価格も比較的リーズナブルでホットドリンクに関しては80ペソから100ペソ(約205~257円)、その他のドリンクは100ペソから160ペソ(約257~411円)、ブラウニーに関しては1つ30ペソ(約77円)で提供されています。

スターウォーズ好きな方、スターウォーズが気になる方、いつものカフェに少し飽きてしまった方などにもオススメかもしれないので、チェックしてみてはいかがですか?

(Shaira Berame / 訳: MIKIO)

[ Zerothreetwo | Amidala Cafe; The Force be with you ]


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。