the id is 23905

セブ猫とじゃれあおう!猫カフェであるCat Cafeに行ってみる?

Pocket

住んでいる所がペット禁止だったり、鳴き声などで心配でペットを飼えないという方に動物と触れ合える動物カフェは日本でも有名で、犬カフェ、ふくろうカフェなど数多く見つけることが出来ます。

セブ島では個室のようなカフェや大きな綿あめが乗ったコーヒーなどユニークな喫茶店がありますが、セブ島で初めて動物カフェが登場しました!そのカフェの名前はCat Cafe(キャットカフェ)

その名の通りセブ島の猫を集めた猫カフェです。姉妹サイトのZerothreetwoが紹介していたので、どんな感じなのかチェックしてみましょう!

 


セブ島で勉強や仕事で疲れて、癒やされたい!猫が好きだけれどフィリピンの猫は少し触りづらい!と思う方に朗報の猫カフェがセブ島に初登場しました。

日本では当たり前の動物カフェですが、セブ島では今まで存在したことがありませんでした。このCat Cafe(キャットカフェ)はセブ州政府庁舎であるCapitol(キャピトル)から少しな離れたグアダルーペ(Guadalupe)地区のVilla Fatima Subdivision(ビラ・ファティマ・サブディビジョン)の住宅街の横に位置します。

タクシーで行く場合は「Villa Fatima Subdivision,Guadalupe(ビラ・ファティマ・サブディビジョン、グアダルーペ)」と言うと良いでしょう。

cat-cafe-signage

この猫カフェに到着するなり、猫が店の中に自由気ままに歩きまわっているのを見つけることが出来るでしょう。カウンターから入ってくるお客さんを眺めているものや、ぐーたらと椅子の間に寝ていたり、プレイエリアで遊んでいる猫を見かけることでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫好きな方はオーダーを忘れてしまいそうですが、一応カフェなのでウェイターに欲しいドリンクをオーダーしておきましょう。

cat-cafe-interior

このお店では好き勝手に猫とじゃれあうことが出来ません。ガイドラインが用意されているので、猫と触れ合う前には目を通しておきましょう。ガイドラインを翻訳してみました。

cat-café-rules

• 猫と触れ合う前や後には必ず手を綺麗にしましょう。(皆が使えるようにエタノールも用意しています。)
• ドアを開ける時などは猫に気をつけましょう。
• 移動するときは床に猫達が居ないか確認しましょう。床で寝てたり休んでいる場合があるからです。
• 猫の耳やひげ、尻尾は絶対引っ張らないでください。
• 寝ている猫にはちょっかいを出さないでください。
• 猫を抱き上げるときは猫が嫌がっていないかを確認しましょう。(猫が嫌がっている場合は無理やり抱き上げないでください)
• 猫達を慎重に扱ってください。
• 撮影する際はフラッシュを着るようにしてください。
• 猫達をビックリさせないでください。(大声や突然動くなどはしないでください)
• 子連れの場合は必ず保護者と一緒に楽しむようにしてください。

これらのガイドラインを見る限り、お店を経営しているオーナーやスタッフさんが動物好きだという事が伺えますよね。

cat-cafe-header-1080x675

お店の中にいる猫の名前、じゃれあいが好きな猫、寝るのが好きな猫、1匹になるのが好きな猫など、それぞれの性格を覚えているので気になる方はスタッフさんと話してみると良いでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回取材に行った時は客層が幅広いと感じました。お店の隅で映画を見ながら猫と楽しんでいるカップルや眠たそうにしている猫と楽しんでいるグループ、子供を猫と一緒に撮ろうとする6人の子供を抱える両親など。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年齢や来る客のバックグラウンドが皆違えど、共通するものは皆猫が好きという事ですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

インターネットで一番人気の動物と言えば猫と言われるほど、世界的にも有名な猫ですが、ストレスで癒やされたい!と思う方やセブ島の猫と一緒に遊びたいと思う方はぜひ行ってみると良いですよ!

(Carlo Villarica / 訳: MIKIO)

[ Zerothreetwo | Did you know there’s a Cat Café in Cebu? ]


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。