the id is 23900

よく聞くカルボンマーケット!とはどんなところ?

Pocket

セブ市内には観光スポットが多くあります!様々な寺院や建造物、歴史的な建物などです。その他にも、ローカルならではの観光スポットも数多くあり、今回はその中でも普段観光客がなかなか立ち寄ることができないカルボンマーケットを写真付きで雰囲気や実際に売っているもの等をご紹介します!

 



 

皆さんも観光でセブ島に来られたことがある方はご存知かもしれませんが、ツアーによっては、セブ市内観光などにカルボンマーケットが含まれていても、安全性の観点から下車はせず、車窓からの見学のみとなっているツアーもあり、治安があまりいい場所ではありません。

実際に歩いてみても、ものすごく人も多く、あまり観光客の姿はなく、現地の人の生活のためのマーケットという印象があるので、くれぐれも観光する際は持ち物や服装など気をつけた方がいいでしょう。
しかし、もちろん危険というだけの場所でなく、現地の人がワイワイと話をしていて、店と店とが隣り合って、ものすごい数の人、商品があり、活気がすごい地域ではあります。食べ物にかんても、フルーツやお肉、魚に、野菜に、それらを使って料理されたものまで、数が多く、カルボンマーケットに何がある、と表現するよりはカルボンマーケットには何がない、と表現した方が早いであろうという位、品揃えが豊富です。

IMG_2272

 

また一つの特徴としては、一つの食材の在庫量が他の場所に比べて圧倒的に多いです。トラックなども出入りしていることからもわかるように、ドンと用意されたその量の多さに戸惑うこともあるかもしれませんが、それもここカルボンマーケットの醍醐味のひとつかもしれません。IMG_2274
また、中には電子機器屋さんや、衣服屋さん、鶏屋さんなど、全てが揃っている、いわば屋外型のローカルモール、とでもいうくらい広い範囲で店が点在しています。

 

すぐ近くには大学もあり、学生も多く見られます。IMG_2263
何か象徴するものがある場所ではありませんが、フィリピン、セブ島の活気、勢いを肌で感じれる場所の一つであることに間違いないに感じます

IMG_2264

ただ、くれぐれも時間帯や、あまり込み入って薄暗い場所などは避けた方が良いでしょう。その活気や物の多さ、匂い、景色、ヒトのチカラ、声、大げさな表現かもしれませんがヒトが一生懸命生きているその姿、その全てを肌で感じることができるスポットだと筆者は思っています。機会があれば訪れてみてください!

IMG_2273

(issei)


Pocket

Issei

ライターについて:

都内の大学を卒業後、介護業界に就職。その後、大学時代に一度訪れたことのあるこのフィリピンでの転職を決意し現在に至る。現地に住みながら、ここセブの衣食住や文化など、気になった部分を中心に書いています。