the id is 23301

[ギャラリー]セブ島のローカルアーティストであるKidlat(キッドラット)の作品を見てみよう。

Pocket

観光や留学が人気なセブ島ですが、音楽や映画そしてパフォーマンスなどといった個性的でクリエイティブなアートを多く見つけることができます。

世界でも有名な家具デザイナーがセブ島出身だったり、元々セブ島でスタートさせたインディーズバンドで後にフィリピン国内でメジャーデビューしたりと、セブ島出身アーティストが高い評価を得ています。

今回、Kidlat(キッドラット)というローカルアーティストの作品を見ることが出来る、ギャラリーがあったので、今回はそちらに行ってみました!

 



アートなどの文化が強いものの、日本やマニラに比べてアートギャラリーが少ないセブ島。SMモールや期間限定で開催されるアートイベントもあるので、そこで作品を見ることができます。

オススメのロケーションの一つがITパークから少し離れた所にある商業プラザのクロスロード(Crossroads)、Qube Gallery(キューブギャラリー)。1階は一見するとビールバーの様になっていますが、2階はオープンギャラリーとなっておりセブ島で活躍するアーティストの展示会が行われています。

今回展示されていた作品はKidlat(キッドラット)という方が制作されたモダンアート。34歳の男性で、大学の美術学科を先行したものの中退。しかしアートへの情熱は止まらず、ストリートアートを中心に作品を出していきました。

彼が作るアートの特徴は洗練されたストリートアートのスタイルを通しながら、社会へのコミュニケーションを取ってみるというもの。キューブギャラリーで展示されていた作品をいくつか紹介したいと思います。

 

image image image image image image image

 

一見するとストリートアートですが、セブ島をシンボルにしているものや見慣れている物などがうまく融合されていて面白いですね。ちなみにこの展示会は8月17日まで開催されるということです。

キューブギャラリーの公式Facebookページを見ることで、展示される作品のスケジュールなどを見ることが出来ると思うので、セブ島のアートを見てみたいという方は、ぜひこちらのギャラリーに来てみると良いですよ!

(MIKIO)
Photos: Zerothreetwo


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。