the id is 23437

日本からセブ島に持ってきて役立ったもの、そうでないもの!

Pocket

セブ島への旅行の際になにを持って行こうかと考えることもあると思います。でも実際に行ったことがない場合は、どれが必要でどれが不要かはなかなかわかりません。

 



そこで今回は筆者がセブ島に来る際に日本から持って来たものの中で、使えたものと使えなかった、もしくは持って来なくてもよかったと思ったものをご紹介します。

 

持って来て役立ったもの3位 iPhoneなどの電子機器の予備の充電器
やはり日常生活で使うものは消耗品なので、壊れたり動かなくなったりします。そこで、iPhoneの充電器の場合、筆者は150ペソ(約450円)で購入しましたが、コネクター部分は現在も使えているものの、以下の写真にある紫色の現地で購入したコードがなにからしらの不具合のため1ヶ月もたたずに使えなくなりました。
正規品ではないため、もちろん文句は言えないですが、安いものを買うことにはやはりその分メリットとデメリットがあるようです。

IMG_3761

 

持って来て役立ったもの2位 日本の薬

どうしても現地では体を壊したりすることもあります。そんな時は慣れない土地で現地の薬を買ったり、現地の病院で苦労して薬を手に入れようとして余計に疲れてしまったりすることもあると思うので、一旦は日本から持ってきた薬も使ってみて、それでも良くならなかったり、悪化した場合は、病院に行くなどの手順の方がよいでしょう。酔い止めや、腹痛止めなど、様々な薬がありますが、使いなれたものが一番良いです。

IMG_3762

 

持って来て役立ったもの1位 顔や体を拭いてすっきりそう爽快なフェイシャル&ボディペーパー

この国は年中夏です。年中暑く、慣れていてもやはり体はべたつきますし、汗をかきます。そんな時、疲れを取ろう、一度簡単にさっぱりして気分を切り替えよう、出かける前に一度汗を拭きとろうなど、そんな時に、皆さんもご存じなこのペーパー!本当にすっきりします。これはいくらあっても足りないですし、余裕があるなら1日に何回でも拭きたいとさえ思います。こっちで見かけることはなく、現地の人にあげてみると、顔一面において両手でぎゅ―と顔に染み込ませるように使ったりして、多少使い方に違和感はありますが、現地の人もサッパリして好んでいたようでした。

IMG_3763

 

ここで次はあまり役に立たなかったものをご紹介します。
持って来て役立たなかったもの3位  味噌汁

お湯を注げば簡単にお味噌汁が作れるパックがありますよね。あれは、案外に本職を扱っているスーパーでは一般的に売っていますし、筆者はもともと言えで料理をしないため、あまり飲むタイミングが無く、今も余った状態です。
これは必ず!!と思い、持って来たものですが筆者の場合は、生活環境なども含めるとわざわざ日本から持って来るものではなかったな、と感じました。

 

持って来て役立たなかったも2位  歯磨き粉

これは日本の医療は素晴らしいという固定概念から、歯磨き粉ももちろん日本のがいいだろうと思い、3つほど買って持って来ました。味も海外のはまずいものばかりだろうと勝手に思っていた部分もありました。しかし、一度現地の歯磨き粉を購入して使用しましたが、味も選べばさっぱりして、歯も綺麗になります。中にはホワイトニング用のものもあったり、割と種類も充実していて、かつ値段も日本とさほど変わらないため、現地購入でも問題ないと言っていいでしょう。

 

持って来て役立たなかったも1位 ハンモック

フィリピン、セブ島、南国、筆者の頭の中に次に浮かぶワードはハンモックしかありません。それを知ってたか友人から出発前にハンモックをもらい、これはセブ島で重宝する!と思い意気込んで持って来ました。しかし、セブ島にはそもそもどこのリゾートにもハンモックやゆったりした腰掛けがあるし、天気が変わりやすく、よく雨が降るセブ島で、一回一回付けたり外したりしていては面倒くさいです。そのわりには布は大きくロープが長く、保管にも幅を取るので、これは現地に持って来るものではなく、現地にあるものをしようするのがいいんだなと感じました。それでも、いつかは使おうと今でも機会をうかがっています!

 

ヒトの生活や趣味、思考により異なるかもしれませんが、今回筆者の場合のランキングは上記のようなものとなりました。少しでもご旅行前のパッキングの際に役立ててもらえたらと思います!

(iseei)


Pocket

Issei

ライターについて:

都内の大学を卒業後、介護業界に就職。その後、大学時代に一度訪れたことのあるこのフィリピンでの転職を決意し現在に至る。現地に住みながら、ここセブの衣食住や文化など、気になった部分を中心に書いています。