the id is 23029

ジンベイザメと泳げる、セブ島南部のオスロブに行ってみた!

Pocket

ここ数日間は天気が良くて、とても気持ち良いですよね!そんな天気が良い日に行きたいと思うのがやはり海!

マクタン島のリゾートはもちろんのこと、スノーケリングやダイビングを楽しめますが、セブ市から車で約3時間に位置する小さな港町、オスロブではジンベエザメと一緒に泳げる観光地として有名です。

野生のジンベイザメをエサ付けに初めて成功したとも言われ、世界中から高い評価を受けていることもあり、ここ数年間で急激にオスロブに行く観光客が増えてきました。

今回はそのセブ島南部にあるオスロブに行って、ジンベイザメに会ってきました!



オスロブにはセブ・サウスバスターミナル(Cebu South Bus Terminal)に行き、オスロブ(Oslob)行きのバスに乗って3時間程度かけて行くことが出来ます。初めてで不安な方はPTNトラベルのツアーを見てみるというのも一つの方法かもしれません。

今回そのツアーに筆者は参加してみたのですが、オスロブに到着した後ツアーの案内所にてジンベイザメに関しての説明を10分程度受けることになります。ジンベイザメに触れてはいけないなど、重要な事ですのでしっかりと聞いておきましょう。

ルールを破ってしまうと、ペナルティが科される注意が必要です。説明を受けた後は免責同意書、確認事項の書類にサインを行います。

DSCF1365

DSCF1366

サインをすると、小型のバンカーボートに乗り込んで、ジンベイザメが泳ぐエリアに近づきます。一つのバンカーボートに5、6人乗ることが出来て、現地のスタッフと船の操縦士が一緒について来てくれます。IMG_8860

沖からジンベイザメのいるポイントまで約5分位で到着します。ポイント周辺にはバンカーボートを止めて、シュノーケリングを付けて海に入るます。

ジンベイザメがびっくりしてしまう場合があるので、海に入るときはジャンプして潜らないこと、そして写真撮影に関してはフラッシュを焚かない様にしましょう。また、ジンベイザメから5メートルの範囲には近づいては行けないことになっています。

DSCF1412

ジンベイザメはその大きさにびっくりすると思います!全長8~9メートルなので、間近に見れるというのは相当の迫力がありました。

自分のカメラで取って欲しい場合は同伴のスタッフさんに頼めば撮ってくれます。また、防水カメラを持っていない方は現地で1台500ペソ(約1350円)でレンタルすれば良いでしょう。SDカードは予め日本から持ってきておくことをオススメします。

DSCF1427

DSCF1423

ジンベイザメの周りには小さな魚たちがいるのを見かけることが出来ると思いますが、これはジンベイザメの皮膚に付着していうプランクトンを食べているから。一緒に付いてくる魚たちもキラキラしているので、とても綺麗です。

ジンベイザメと一緒に入られる時間は30分と少々短いので、写真をいっぱい撮ったりと有意義な時間を過ごしてみてはいかがですか?

夏休みももうすぐ始まるのでセブ島に旅行の計画を立てている方は、ぜひオスロブに来て楽しむというのも良いと思いますよ!

 

ジンベイサメツアー詳細: http://www.ptn.com.ph/tours/whale-shark-snorkeling-tour/

(billy)


Pocket

Billy

ライターについて:

カナダのカレッジを卒業後、アウトドアに興味がありグレゴリーなどで勤務後、ファッションブランドの立ち上げに携わる。セブではビジネスとボランティア活動の二軸での活動を考えており、現在は現地旅行会社にて勤務中。