the id is 21870

アヤラ新館のおしゃれなバー「The Social」

Pocket

2014年に新館が完成したセブ島のモール「アヤラセンターセブ」。新館には日本のダイソーや無印良品を始め、海外のファストファッションブランドなども入っており、今までよりも更にモール内が充実してきています。今回はその新館にあるバー「The Social」をご紹介します。



今回ご紹介する「The Social」はちょっと格式高い雰囲気を持っているおしゃれなバーです。現地セブの方のみならず多くの外国人が訪れており、店内には常時数カ国の人々が出入りしているような状態です。近くにはスターバックスやペッパーランチなどの人気店もありますので、合わせてチェックしてみるといいですね。

 

IMG_7996

 

ロゴがとてもかっこいいですね!今回はバーの時間に来店しましたが、もちろん昼はランチ提供もしていますし、カフェとしても営業しています。人通りの多い場所にあるので、いつもある程度のお客さんが入っています。日本にはない外国独特の雰囲気なので、観光の際に立ち寄ってもいい思い出になりそうです。店内にはいくつかテレビが設置されていて、スポーツのライブ放送や音楽関連のイベントの様子などが流れていました。

 

IMG_7998

 

店内は基本的にテーブル席で収容は大体80人程度かと思います。打ちっぱなしのコンクリートに配管、おしゃれなランプやライトなど、バーとしての雰囲気はとても良いです。更に店員さんの中にはとても上手な英語を話す方もいらっしゃるので、気持よくオーダーを取ってもらうことができます。

気分によって店の中と外を選ぶことができる他、ドリンクカウンターの周りにはカウンター席もあります。更に現在アヤラは全面禁煙なのですが、このThe Socialの外のカウンター周辺は喫煙可です。喫煙者の方には一休みするときにちょうどいい場所になっています。

 

IMG_8009

 

カウンター席は店の外と中の敷居を取り払っているので、とても開放感があります。

面白いと感じたのは、店の外のカウンターと中のカウンターのお客さんにそれぞれ見えるようなテレビが設置されているのですが、放送されている内容が違うためにこの日の場合はバスケットボールとラグビーを見たい人がそれぞれ集まっていました。

外からはラグビーが、中のカウンターからはバスケットボールが見れたため、それぞれのスポーツの人気が高い国籍の人が分かれて座っている状態がとても印象的でした。

 

IMG_8011

 

そして今回飲み物と一緒に頼んで驚いたのはこのピザ!2人で食べるようなサイズですが、なんと名前が「シシグピザ」といいます。面白い!と思った方はフィリピン通。初めて聞いた!という方はこちらの記事の中で写真付きの紹介がありますのでまずご覧ください。

シシグは日本で言う「ミミガー」を使った炒めもの料理で、大抵のレストランでは鉄板で焼かれた状態でジュージューと音を鳴らして出てきます。それを自分たちで混ぜて炒めて食べるのですが、店によってはチーズや卵を使って更に味の深みを増す場合もあります。筆者は個人的にチーズも卵もあったほうが好きです!

 

IMG_8019

 

 

シシグを食べたことのある方がこの「シシグピザ」を食べると、「これはピザではなく、シシグ」と言ってしまいそうになるほど、味が完璧に再現されています。前述の通り卵とチーズを一般的にもトッピングで使う料理なので、ピザとしてアレンジする相性はバッチリ。濃厚な味なのでおつまみとして食べることをおすすめします。とても美味しいですよ!

ピザの中央には、シシグには欠かせないカラマンシーまで置いてあります。食べる前に絞ってかけると少しさっぱりした味になりますし、どこか和風な味も感じてしまう不思議なおすすめピザです。

他にもたくさん美味しそうなメニューがあったので、アヤラに訪れた際には是非The Socialに行ってみてくださいね!

 

(Taku)

 


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。