the id is 22048

プールの目の前に広がるビーチは必見、5つ星のクリムソンホテル!

Pocket

旅行と言えばやっぱり気になるのはホテルですよね。旅行の際には、みなさんなりの予算があるとは思いますが、ホテルは綺麗なところに泊まりたい、とか、ホテルにお金は掛けずにその分ツアーをたくさん楽しみたい、など人それぞれ譲れない部分があるかと思います。

 



 

今回は、その中でもホテルは良い所に泊まりたい、でもビーチやプールが充実していてホテル内でもゆっくりと過ごせるような空間があるホテルが良いなと思っている方にオススメのホテルをご紹介します!

マクタン島内には数多くのホテルがあり南国のリゾート地としても有名ですが、その中でも数少ない5つ星ホテルの1つであるクリムソンホテルをみなさんはご存知でしょうか。今回は、そのクリムソンホテルのビーチやプールにスポットを当ててご紹介したいと思います。

こちらはホテル内フロントデスクからプール・ビーチがある方面に歩いて行くときに見かけるホテルの一角です。こういったメインの部分でなくても、さりげないその造り1つ1つがおしゃれなホテルだなという印象を受けました。

IMG_3518

 

いきなりですが、テレビを見ていて、ホテルのプールの先にビーチが広がっている画を見たことはありませんか?筆者は何度か旅行番組で見かけましたが、なかなか実際に目にする事はありませんでしたので、その時の興奮も気がつけばどこかへ行ってしまっていました。

しかし、このクリムソンホテルにはそれがあるんです!

IMG_3515

 

いかがでしょうか!!どこまでも広がる大きな空と海、太陽の光を浴びてより一層綺麗に、そして優雅に映るホテルのプールが1つの視界の中に収まり切らない程の自然力と心地よい落ち着きをもたらしてくれます。

ビーチを背にしてプールとホテルのロビーなど入っている高台にある建物の方を見てみるとこのようになっており、プールは小さい橋をくぐったその先の奥の方まで続いているのがわかります。

IMG_3514

 

そしてその橋の上から高台にある建物を眺めてみると、想像していた以上にその建物は高い所にある事がわかります。実際に訪れた方は、チェックインなどの際に気付いた方もいるかと思いますが、潮の香りが風に乗ってこの高台の建物まで届くので、セブ島に来た、南国リゾートに来たと実感できる瞬間のひとつでもあります。

IMG_3516

 

プールに入ってゆっくりと泳ぎながら海や空を眺めるもよし、そのままプールの目の前にある海へ入ったり、ビーチ際のベンチでゆっくりと陽に当たるのもよしです。

IMG_3512

 

それぞれのタイミング、気分で寝る、泳ぐ、涼むなどができる、しかもプールの目の前はギラギラと輝く海です。

マクタン島内には確かに数多くのホテルがあります、このホテルの何倍もの大きさのプールがいくつもあったり、清潔でヤシの木が何本も生い茂っており、かつ豪華な造りのレストランがビーチ沿いにあるホテルなどもあり、もちろん魅力的ではありますですが、プールの目の前にドーンとビーチが広がっていてこれだけの解放感を味わえるホテルはなかなかないのではないかと思うのです。

また、すぐそばにはAZUREというバーがあり、夕刻時刻にサンセットを見たり、夜には真っ暗なビーチ沿いの空間の中に、バーの光に照らされたビーチを見ながら時間を過ごしたりと、このホテルではカップルには特にオススメなホテルではないかなと感じました。

IMG_3519

 

何か特別な派手さはないものの、5つ星ホテルでもあるのでホテル内やプール、ビーチ共に非常に清潔で落ち着いた空間がります。すこし派手な作りになっている海沿いのバーも雰囲気はとても過ごしやすく、夜の海風に当たりながらカウンターで海を見ながら飲んだり、ソファータイプのイスでゆっくりと腰をおろして過ごしたりできそうです。

IMG_3521

 

このバーは夕方の時間帯にオープンする為、今回は実際の営業時の雰囲気を見ることはできませんでしたが、次回機会があればここを訪れて、実際に海の風に当たって、みなさんにご紹介したいなと、強く思ったバーでした。

IMG_3523

 

もちろん5つ星の為、高級でかつ素晴らしい造りと丁寧で画がいが特徴的のスタッフがいますし、それに加えて非常に雰囲気や作りが良い意味でシンプルで落ち着いており、かつ優雅な空間が存在するクリムソンホテルのプール・ビーチサイド。一度お泊りになって体験されてみてはいかがでしょうか。

(issei)


Pocket

Issei

ライターについて:

都内の大学を卒業後、介護業界に就職。その後、大学時代に一度訪れたことのあるこのフィリピンでの転職を決意し現在に至る。現地に住みながら、ここセブの衣食住や文化など、気になった部分を中心に書いています。



Ads Open