the id is 21651

[何で?] 毎週土曜日のセブ島のモールはレジ袋では無く、紙袋を使うのだろう?

Pocket

日本に比べて大型なスーパのあるSMモールや、アヤラモールなどはとても便利です。購入できる商品も多くあるので、ついつい大量に食材などを購入してしまう方も多いのではないでしょうか?

そんな便利なモールのスーパーですが、毎週土曜日にスーパーのレジで会計を済ませると、なぜかレジ袋ではなく紙袋が使われています。

ビニール袋より持ちにくく、生物などが入っていると破れやすくなかなか厄介ですが、なぜSMモールやアヤラモールは毎週土曜日になると紙袋が使われるのでしょうか?実はこんな理由があるからなのです!



セブ島のモールにあるスーパーマーケットは日本のものに比べてサイズも大きく、回るのに時間がかかったり、欲しい物をいっぱい見つけてしまい、ついつい多く購入してしまう場合がありますよね。

食材などがいっぱい詰まったレジ袋を持って歩きまわるのだけでも十分大変ですが、SMモールやアヤラモールの毎週土曜日は少々厄介になってきます。その理由はレジ袋の代わりに紙袋が使われるから。

4391650061_bcf4a70730_z

持ちにくいだけではなく、湿ったものやなまものの食材が入っていると破れやすくなってしまうため、毎週土曜日の買い物が嫌だと感じてしまう方もいるかと思います。なぜ、SMモールやアヤラモールなどでは毎週土曜日になるとレジ袋ではなく、紙袋が使われるのでしょうか?

4008681587_46b88edee7_z

それはセブ市が定めた「No Plastic Saturday Ordinance of Cebu City(セブ市土曜日のレジ袋禁止令)」があるため。この条例はセブシティのみ有効の条例で、2012年に市議会で提出され、2013年から開始しました。

条例を要約すると、セブ市にある小売業者などは毎週土曜日にレジ袋ではなく紙袋を使う必要があります。これに従わなかった業者は1年目に2,000ペソの罰金、2年目は5,000ペソの罰金と6ヶ月の懲役そして営業停止を宣告される場合があるそうです。

156280597_cdf7960a84_z

セブ市でも規模の小さいお店などは未だにレジ袋を使っている所もありますが、大手モールなどはこの条例に従い、毎週土曜日は紙袋を使っているのです。

これは環境保護のために行われているもので、モールなどの利用者が多い土曜日にすることで、レジ袋の消費を抑えるようにしていると思われます。

2199031587_36c69cb3ba_z

環境保護の観点で言うと紙袋はレジ袋に比べてエネルギー消費量も多く、レジ袋のほうが環境的に良いと考えられていますが、フィリピンは不法投棄が多くレジ袋などのプラスチックは生態系に与える影響が多いため、紙袋が使われているのでは無いかと思います。

ちなみに土曜日は紙袋だけではなく、エコバッグを10-15ペソ(27-40円)程度で販売しているので、エコバッグを購入して土曜日はそれを利用すると良いかもしれません。

1344192731_71aec68a35_z

レジ袋を禁止するのはセブ島が初めてではなく、マニラなどフィリピンの一部の地域でも行われています。

ゴミ山や不法で居住しているスクワッターエリアが多かったり、インフラが整っていないという問題点が未だに残っていますが、州政府や現地企業が協力していくことで、環境保護の取り組みを行っているというのはとても良いこと。

セブ島は海が綺麗な観光地でもあるので、こういう取り組みでセブ島が綺麗になっていくと嬉しいですよね!

 

(MIKIO)

Photos: Jeffrey Beall,oskay,tanakawho,Urban Woodswalker,Scorpions and Centaurs,denAsuncioner


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。