the id is 20182

真っ赤になると美味しい南国フルーツ「タンビス」

Pocket

「セブ島 果物」と想像してみるとあまりにも有名なのはマンゴーですが、他にもフィリピン全体で見てみるとバナナなどメジャーなものから、ドリアン、スターフルーツなどその種類は多彩です。もちろん日本で見られるスイカやパイナップルなどもありますし、青森などの寒い地域でよく作られているりんごなんかも手に入るのです。今回はそんなフルーツの中でも、恐らく日本では殆ど知られていない「タンビス」をご紹介します。

 



南国フルーツというと不思議な形なものが多く、また甘みが強いことも特徴の一つではないでしょうか。ただ日本で知られている以上にその種類は幅広く、マンゴーひとつとっても黄色い楕円のものだけではないのです。マンゴーについては以前エキサイトセブでもまとめていますので、合わせてご覧ください。

 

IMG_6056

 

今回ご紹介するタンビスはそんな南国フルーツの中でも、あまり知られていないものの1つだと思います。今回筆者のオフィスに、セブ島出身のスタッフが突然大量に持ってきたこのタンビス!赤くなると美味しいとのことで、いくつか熟していたものがあったのですが、一瞬で現地スタッフにさらわれてしまいました。

 

 

IMG_6053

 

後に残ったタンビスは真っ白なものばかり、正直美味しそうではないのですが、味はそこまで変わらないということで実際に食べてみることにしました。酸味が強い梨やりんごのような味だということで、塩をつける人もいるようです。今回はそのまま食べてみます。大きさは親指と人差指で丸を作った程度で、連なってなる果物のようですよ。

 

IMG_6054

 

枝から外してみた様子がこちら。下のほうが真っ赤になっているものの、全体的にはまだ白いですね。枝に付いている位置によって、太陽光にあたっている時間が違うので、色と味の関係性は一概にいえないようです。

 

IMG_6055

 

かじってみても今回は中が真っ白!水分が多く少し滴る程です。さっぱりとした味で酸味があり、りんごか梨かと言われれば梨に近い気がしました。このタンビスはピーマンの仲間という話を小耳に挟みましたが、実際は確認できていません。形からすると、真っ赤になれば小さいパプリカのような見た目になりそうです。

これ以外にもまだまだ多くのフルーツがセブにはありますので、スーパーのフルーツコーナーで見てみてくださいね。ただし、生のフルーツは日本へ持って帰れないので、現地で食べれる分だけ買いましょう!

 

(タク)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。