the id is 18146

セブで結婚式に参加してみた!フィリピン式結婚式をご紹介します

Pocket

セブといえば、リゾート地のイメージが強いですよね。シャングリラやムーベンピック等の5つ星ホテルでリゾート結婚式を挙げたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者が今回ご紹介するのは、ひと味違った結婚式。セブに住んでいる方々が挙げる、地元の結婚式です!日本と似た部分も、異なる部分も感じたセブでの結婚式。実際に招待され、参加した様子をご紹介します。



今回の結婚式の会場となったのは、マクタン島内にあるサントニーニョ教会。マクタンニュータウンの目の前にあり、日曜日になるとミサに多くの人が集まる教会です。結婚式が行われたのは、土曜日の夕方でしたので、参加者のみ結婚式に集まっていました。やはり、外から見てもかなり大きい教会だという事がわかりますね。

 

結婚7

 

教会の前には、色とりどりのドレスを着ている参加者の皆さんが集合。よく見ると、赤いドレスの人が多い印象・・・!実は、セブの結婚式では花嫁が好きな色を選び、親族や仲の良い友人などは、その色のドレスを着るそうです。また、日本でも最近増えている、ブライズメイドもいました。ブライズメイドは、結婚式の準備や進行の手伝いをする人たち。主に、新婦の友人が担当します。皆さん、もちろん赤いドレスを着用。男性は、フィリピンの民族衣装を着用していました。気温の高い国ならではの涼しげな正装。写真が大好きなフィリピン人!結婚式が始まる前から、たくさん写真を撮っていました。

結婚8

 

花嫁は、このブライダルカーに乗っています。結婚式の時間まで、この車中で待機。結婚式終了後も、披露宴会場へこの車で移動します。日本のブライダルカーはリムジンが主流のようですので、それに比べると少し窮屈そうでしたが、お花に彩られた白い車は、かわいい印象でした。

結婚9

 

こちらは、結婚式が行われる式場内部です。赤いバージンロードは日本と同様ですね。日本のバージンロードは、参列者は踏まないようにするのがマナーですが、フィリピンの結婚式ではあまり気にしないようで、結婚式開始前はバージンロードの上を色んな人が歩いていました。生花で彩られたバージンロード、素敵です!

結婚10

結婚11

 

いよいよ、結婚式の開始です。まず、花婿の登場。母親、父親と手を繋いでの入場に、思わず顔がほころびました。その後に、親戚や親しい友人が入場します。

結婚1

結婚3


そして、最後に花嫁の入場。両親が教会の中央部分で待っており、手をつないで入場します。素敵な花嫁姿に、会場中の視線が集まっていました。

結婚2

 

教会の後ろには、聖歌隊もいました。ギターの音色と共に、いくつもの賛美歌を歌う部分は、日本の結婚式とは少し違う雰囲気でした!だいたい、5曲くらいは歌っていたと思います。賛美歌も、ポップなメロディーにアレンジしてあるものが多く、なごやかな空気で式が進んで行きます。

結婚4



結婚式の最後は、集合写真を撮影。プロのカメラマンがおり、たくさん写真を撮影していました。驚いたことに、式が終わるとすぐに、教会の外で写真販売が始まります!その日の写真がすぐに購入出来るということもあり、多くの参加者が購入していました。

結婚5

結婚6


フィリピン式結婚式、なごやかに式が進んで行くあたりが、フィリピンらしいなと感じました。新郎新婦を祝う素敵な日だということは、日本もフィリピンも変わらず。心打たれるものがありました。もし教会に訪れた際に、結婚式が行われている場合は、少し覗いてみることをオススメします!



(AOI)


Pocket