the id is 18269

格安バスでカワサンフォールへ行こう!セブの観光名所をご紹介します

Pocket

セブにはいくつか観光名所がありますよね!今回ご紹介するのは、セブ最大の滝「カワサンフォール」です。セブ南部にあるカワサンフォールは、行くまでが少し大変ですが、セブ市内では見る事のできない大自然を体験する事が出来ます。今回は、タクシーでも専用の車でもなく、格安バスに乗ってカワサンフォールまで移動した様子をご紹介します。



エキサイトセブでも何度も紹介されているカワサンフォール。今回は、136ペソ(日本円で約312円)でバスに乗って行きました。バス停は、SMモールからタクシーで10分程度の場所にある、サウスバスターミナルです。バス停に着くと、たくさんのバスが停まっています。

バス停には、おかしを販売している店やドーナツ屋もあります。カワサンフォール付近にも売店はありますが、観光客価格となっており、かなり高値で販売されているため、おかしや飲み物などは事前に購入しておくといいと思います。


かわさん7


「カワサンフォールに行きたい」と近くのスタッフに伝えると、バスまで案内してくれます。バスは2種類あり、エアコン無しとエアコン有りのバスを選ぶ事が出来ます。エアコン無しのバスは価格が少し安くなりますが、観光客以外もたくさん乗車するため、エアコンありのバスがおすすめです。

かわさん6



乗車賃は、車内で支払います。バスは、乗車するお客さんで席が埋まった時点で発車するため、発車時間は曖昧なようです。しかし、多くのバスが停まっているため、1時間に一本はバスが発車します。車内はエアコンが効いているため、羽織るものがあるといいかもしれません。


かわさん11




2時間ほど走った所で、一度バスが停留所に停まります。ここで15分間の休憩があります。その後、また1時間半ほど走行するため、お手洗い等に寄っておく事をおすすめします。


かわさん10



バスの添乗員に、カワサンフォールに行く事を伝えておくと、到着を教えてくれます。およそ3時間半ほど走った後、カワサンフォールの最寄りのバス停に到着!

バスを降りると、「ガイドをするよ!」と声をかけてくる人がいます。筆者は初めてカワサンフォールに来たため、ガイドをお願いする事にしました。最初は、350ペソと言われたのですが、200ペソまで値引きすることに成功。(一日を終えてみると、ガイドの必要は無かったように思います)

かわさん2




カワサンフォールの最寄りのバス停から、30分ほど歩きます。その道中でも、南国らしい花や木を見る事ができたり、綺麗な川を楽しむ事が出来ます。ガイドがいると、写真撮影をしてくれるため、集合写真をたくさん撮りたい方は、ガイドを雇うことをおすすめします。


かわさん12

かわさん13



そして、とうとうカワサンフォールに到着。バスの乗車時間と歩く時間を含めると、かなりの移動時間でしたが、この景色を見ると疲れを忘れてしまいます!


かわさん3



このイカダに乗って、滝の近くまで行く事が出来ます。滝にあたったり、滝をくぐったり、イカダを操縦してくれるスタッフの誘導で色々な楽しみ方が出来ます。しかし、滝にあたると大きな衝撃があり、何度もあたっていると身体が痛くなってくるため、楽しいうちに「もう終わりにしたい!」とスタッフに伝えるといいと思います。


かわさん5

 

カワサンフォールにはレストランもあり、食事をする事も可能です。筆者は、5名で食事をして、1450ペソ(日本円で約3335円)かかりました。料理はフィリピン料理で、味はおいしかったので満足です。食事をしたテーブルに荷物を置いて、泳ぎに行く事も可能です。

しかし、イカダに乗ったり、テーブルを確保するのにテーブルチャージがかかったり、なにかとお金がかかり、5人で2100ペソ(日本円で約4830円)払いました。食事代と合わせると、なかなか費用がかかるため、格安のバスに乗れて良かったなと感じました。


かわさん4




フィリピンの大自然を楽しむ事が出来る、カワサンフォール。しかし、大変だったのは帰り道でした。カワサンフォールを17時頃出発し、30分ほどバスを待ちました。すると、地元の人達がたくさん乗ったバスが到着。満席で座る場所がなく、数時間立ったまま移動しました。

PTNのカワサンフォールトレッキング&スイムツアーに申し込むと、食事や移動手段がついて9500円で楽しむ事が出来ます。帰りのバスの大変さを考えると、ツアーを申し込むのもいいかも?と感じました。

みどころ満載のカワサンフォール!セブに訪れた際は、ぜひ足を運んでみて下さい。



(AOI)

 

 


Pocket