the id is 17795

こだわりのレチョン店がマクタン島にもオープン!「Zubuchon」

Pocket

代表的なフィリピン料理であるレチョンは、フィリピンを訪れる日本人には是非ともトライしてほしい料理の一つです。そんなレチョンを食べられる店であり、以前エキサイトセブでも紹介している「zubuchon」が、リゾートエリアそして空港近くのマリーナモールにオープンしたのこと!早速行ってきました!

 



 

「レチョン・バボイ」として大人気のこの料理は、一言で言うと「豚の丸焼き」です。皮はカリッと、中はジューシーに味わえるこの料理は、フィリピンでは誕生日などのお祝いごとには必ず登場する、庶民から愛されている料理の一つです。しかし、ローカルな店を中心に売られているので、観光でフィリピンを訪れる人には中々目につきづらいもの。

しかし!最近、ライターのミキオがオススメしている「zubuchon」のマリーナモール店がオープンしました!元々セブシティ中心に5店舗を構えるzubuchonも、マクタン島に進出しました!

※実はセブ・マクタン空港国内線出発口近くにも店舗はございますが、テイクアウト専門店となっていますので、ダイニングで食べられる一号店としてご紹介します。

 

IMG_0861-001

 

マリーナモールのニューブリッジ側に店を構えるこちらの店舗は、車でお越しになる方もすぐ見つけられる程、赤と白の看板が際立っています。

お馴染みのこちらのマークは、セブ市内に住んでいる方はよく見かけるマークかもしれません。

そして、こちらの店は24時間営業!深夜遅くにセブに到着され、機内食を食べただけではお腹が減っている人や、朝早くにご到着された人がレイトチェックインを避けるために、24時間営業のマッサージ店「NUAT THAI」 マリーナモール店やこちらの店で時間を過ごすのも一つの手かもしれませんね!

 

IMG_0854

 

IMG_0859

 

IMG_0856

 

できたばかりの店ということもあり、店内はかなり綺麗です。冒頭でもご説明しましたが、レチョンはローカルな店が中心で売られているので、日本人は少し入りづらいもの。こうして安心できる店内でご当地の料理が食べられるのは嬉しいものです。

IMG_0858

 

 

そして、セブ土産が店内に置かれているあたりは、6店舗あるzubuchonの中でも外国人仕様の店内ということが伺えます。

 

IMG_0851

 

全メニューも写真付き。外国人のような、フィリピン料理のイメージがあまり人も、こうして写真を見ると安心してオーダーできますよね!

更に、レチョンだけではなくサイドメニューも豊富。一人500ペソ前後で食べられそうです。

 

今回、私は店内で食べる時間がなかったので、鉄板の「Boneless zubuchon」をテイクアウト。なんと、3分も経たないうちにアツアツのレチョンを準備してくれました!

 

IMG_0863

 

IMG_0864

 

やはり、セブ歴の長いライターのミキオがお勧めするだけあって、とても美味しく食べられました!1キロ570ペソ(1,200円)と、ローカルなレチョンよりはどうしても値段が高くなりますが、値段相当の美味しさを存分に味わえます。

 

 

やはりセブに来たらレチョン!南国のフィリピンで肌がレチョン色になってしまった(なる予定の)読者の皆様も、お腹もレチョンで満たしてみてはいかかでしょうか?

 

 

(EIJI)


Pocket




Ads Open