the id is 17033

日本語の話せる店員がいる”ガンショップ”がマクタンにあった!

Pocket

免許を取得すれば、銃を所有することのできるフィリピン。お店の入り口やホテルにいるガードマンも、銃を持っています。フィリピン人にとって身近な銃。なんと、ショッピングモールや街中でも銃を販売しているお店があります。今日は、マクタン島にあるガンショップをご紹介します。









マクタン島にあるマリーナモールから車で10分ほどの場所にある、こちらのガンショップ。市場の中心にある、茶色の大きなビルの1階にあります。





エキ








店内に入るとにこやかな店員さんが出迎えてくれます。なんと、この店員さんは日本で働いていたことがあるそうで、日本語を話すことができます!銃のことなど、丁寧に説明してくれます。




えきさいと2







こちらが店内。防護用のナイフや懐中電灯も販売しています。銃は、店員さんに言えば、見せてもらうことが可能。



えきさいと7







こちらはおもちゃの銃。本物の銃を持つ前に、試しにおもちゃの銃を持たせてくれました。




えきさいと4








そして、こちらが本物の銃。私は銃の免許を持っていないため、球を抜いた状態で持たせて頂きましたが、それでも想像していたより重さがありました。



えきさいと3








銃の他にも、様々な商品があります。




えきさいと6



えきさいと1







日本語を話せる店員さんに、銃のことを色々と質問してみると、丁寧に答えてくれます。興味がある方、ぜひ足を運んでみて下さい。





(AOI)


Pocket