the id is 16580

セブの物価を見てみよう~サリサリストア編~

Pocket

3回に分けてセブの物価をご紹介してきましたが、今回が最終回。フィリピン独自の文化で、町中至るところにある「サリサリストア」です。単なる小売店ではなく、人が自然と集まる小さなコミュニティでもあるサリサリストア。その物価はやはりスーパー・コンビニより「安い」ものでした。観光客には少し未知なサリサリストアを紹介します。

 



 

 

 

 

IMG_0397

 

 

今回ご紹介するのは、マクタン島のラプラプにあるサリサリストア。目の前にコンビニストアとガソリンスタンドがあるこのサリサリストアは、いつも人で賑わっています。

 

 

IMG_0387

 

 

個人的にサリサリストアと言えばジュースです。コーラ・スプライトなどが瓶で売られていることが多く、サイドや種類によって異なりますが、大体7~10ペソ(約14~20円)と格安の値段で売られています。大抵のサリサリストアはジュースが売られていますので、喉が乾いたときは是非試してみてください。

(価格は目安です。日本円換算は1ペソ約2.3円で計算しています)

 

 

こちらのジュースの横にあります機械は、フィリピンでは有名な1ペソ水。以前エキサイトセブでも紹介しましたが、手軽に水が飲め、こちらも町中の至る所にある機械ですので、筆者もよく利用しています。

 

 

IMG_0388

 

 

サリサリストアも店によって売られているものが異なりますが、こちら代表的な米。種類によって値段は異なり、1キロ約30~50ペソ(63~110円)で売られています。私は写真にもある「GANADOR」1キロ52ペソをいつも購入していすが、こちらの米は少し水を多めに炊けば日本米と変わらない味です。(あくまでも個人的な感想ですが・・・)

 

 

IMG_0389

 

 

こちらはアイスティーやコーヒー。一袋6~15ペソ(12~30円)で売られていますが、サリサリストアはこのようにばら売りが基本です。なぜかというと、サリサリストアではその日に必要な分だけを買う人が多いのです。

 

 

IMG_0394

 

 

タバコも1本単位で売られていて、種類や場所によって1本3~5ペソ(6~11円)で売られています。こちらは以前同じエキサイトセブライターのタクが紹介したBOPビジネスの一部ですよね。

 

 

IMG_0391

 

 

こちらは同様にシャンプーがばら売りで売られています。1袋5ペソ~10ペソ(10~22円)です。

 

 

IMG_0395

 

 

缶詰や薬、洗剤も売られていています。風邪薬も6~8ペソ(12~20円)。薬が買えちゃうのは驚きですよね。

 

 

IMG_0392

 

 

こちらはパン。1個5ペソ~10ペソ(10~22円)で購入できます。朝ご飯がこの値段ですので、僕も非常に助けられています。

 

 

IMG_0393

 

 

キャンディー1粒が1~3ペソ(2~6円)、小腹が空いた時の魚も購入できます。キャンディー1粒が1ペソで購入できるのは私も初めて知りました。今度また買ってみようと思います。

 

 

IMG_0396

 

 

最後に紹介するのは、フィリピンのエナジードリング「コブラ」です!14ペソ(約30円)で飲めるエナジードリンクは、誰もが知る飲料水です。

 

3回に渡って紹介したフィリピンの小売店の物価。上手く使い分けて、セブでの滞在を充実させて下さいね。

 

 

(EIJI)


Pocket