the id is 16369

[お土産にもオススメ!]日本でもカラマンシージュースを楽しめる、カラマンシー・コンセントレート(Calamansi Concentrate)をチェックしてみよう!

Pocket

フィリピンに来たら暑い日に飲みたい飲み物は何ですか?

マンゴージュースとココナッツジュースを思い浮かぶ方が多いと思いますが、料理の調味料にも使われるライムのカラマンシージュース(Calamansi Juice)も人気のドリンクの一つですよね!

カラマンシージュースは本来、新鮮のカラマンシーを絞って作るのでカラマンシーが必要になりますが、カラマンシーの無い日本でも簡単に作ってジュースを楽しめる方法があるという事はご存知だったでしょうか?

今回はお土産にもオススメ出来る、カラマンシー・コンセントレート(Calamansi Concentrate)をチェックしてみましょう!



カラマンシー(Calamansi)とは東南アジアで人工的に交雑された柑橘類の1種でフィリピンで特に人気のある果物です。

小さな果物ですが、そのまま食べられる訳ではなくパンシットの調味料、ウォッカやテキーラのチェイサーやカクテルなどに使われる万能的なフルーツです。レモネードの様なカラマンシージュースもフィリピンで人気のあるドリンクの一つで、ローカルの人達のみならず観光客にも多く飲まれるドリンクです。

カラマンシージュースは新鮮なカラマンシーを絞り、種を取り除いて水と砂糖を入れるというのが本来の作り方。フィリピンに居れば簡単に手に入りますが、日本だとそうはいきません。

でも日本に居てもカラマンシージュースを楽しむ方法は実はあるという事をご存知でしょうか?

その方法とはこちらのカラマンシー・コンセントレート(Calamansi Concentrate)を使用する方法です。

IMG_7752

こちらのカラマンシー・コンセントレートとはカラマンシーのジュースにハチミツを組み合わせたジュースの元の様な物です。

IMG_7753

今回は750mlの物で300ペソ(約640円)でしたが、空港の物なので少々高め。でもスーパーマーケットなどで購入すれば160-200ペソ(約350円-440円)程度で購入ができるので、安く購入したい方はそちらにすると良いでしょう!

IMG_7754

カラマンシージュースの作り方も簡単だというのも注目しておきたい所です。

まず、コップに大さじ2杯程度入れます。

IMG_7758

IMG_7759

そして水を入れてかき混ぜます。

IMG_7760

最後に水を入れれば完成です。

IMG_7762

味が薄かったり、濃かったりした場合はカラマンシーや水の量を増やせば大丈夫です。好みに合わせて作ると良いでしょう!

IMG_7764

カラマンシージュースは美味しいので思わずゴクゴクと飲んでしまいそうですが、ビタミンCが豊富なため、飲み過ぎると腹痛になってしまう場合もあるので注意しておきましょう。一日1-2杯であれば大丈夫です。

風邪をひいた時にもカラマンシージュースはオススメです。風邪や寒い日には水の代わりにお湯を使ってホットカラマンシーのドリンクにしてみると良いですよ!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。