the id is 15933

「フィリピン・ペソ」ってどんなお金なんだろう?

Pocket

海外旅行では大切なポイントとなる「両替」。円からペソのレートも日々変動しています。セブ島旅行では空港、ホテル、モール、市街など様々な場所での両替が可能ですが、一般的にはモールでの両替のレートが良いと言われています。さてフィリピンの通貨「ペソ」ですが、日本のお金とはどう違うのでしょうか?全ての通貨を集めてご紹介します。



IMG_3235

まずは貨幣・コインについて見てみましょう。
コインは「センタボ」と呼ばれ、日本の1銭に当たる通貨です。
センタボは5、10、25センタボの3つがあり、その中でも5センタボは真ん中に穴が開いています。


穴が空いている通貨は日本の5円・50円がありますが、世界的に見ると通貨に穴をがあるのは非常に珍しく、フィリピンと日本の他には北欧のノルウェーなどいくつかの国しかないとのこと。
おみやげに5センタボを持って帰るのもいいかもしれませんね!

IMG_3236

次に「ペソ」ですが、
コインが1、5、10ペソの3つ、
紙幣が20、50、100、200、500、1,000ペソの5つとなっています。
フィリピンでは日本円の1万円が1,000ペソとなります。

 

 

IMG_3239

紙幣は現在新札と旧札が混ざっており、どちらも利用することができます。
100ペソと1,000ペソの色が似ているため、たまに間違って出してしまうケースがあるとのことですので、ご注意下さい。
IMG_3238
町中でお金を使う場合お釣りが無いケースが多く、特に1,000ペソでは無い事のほうが多いと思われます。従って滞在中は大きなお金を細かくし、細かい紙幣で持ち歩くのがオススメです。

両替の場合には、
「Can(Could) you break a thousand?」
→1000ペソを細かくしてもらえますか?
などの言い方でホテルのカウンターで聞いてみると、細かくしてくれることもあります。

日本と比べて鮮やかな色の紙幣は、リゾート地にピッタリです。

ペソのことを事前によく知って、是非快適にセブ滞在を楽しんでくださいね!

 

[追記:]記事内にて200ペソを追加いたしました。

(タク)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。