the id is 16208

セブで珍しい「ハラル料理」が食べられる「ZABADANI」。

Pocket

セブは食が豊富なことで知られます。これは文化が入り混じり、様々な民族がここセブで暮らした歴史から来るものです。日本食、韓国食のみならず、中華、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ等々探せば必ずと言っていいほどお目当ての食に出会うことができます。今回はそんな中でも中東シリアからインスパイアされたレストラン「ZABADANI」を見てみましょう。



「ZABADANI」はマクタン島の「BIG FOOT」の近く、レストランの「エルスウェーニョ」や「Gland blue」の正面のビルの2階に位置しています。

IMG_3475

 

建物の2階にあるので、ふらりと立ち寄る人は少ないかもしれませんが、「ZABADANI」はまだできたばかりのレストランで、ゲストブックもまだ数ページしか埋まっていません。これからが楽しみな場所です。

IMG_3476

 

IMG_3478

 

できたばかりということもあり、店内は白を貴重とし清潔感が漂っています。
上の写真のランタンは、夜になると優しく店内を照らしてくれます。

また座敷席もあるため、日本人なら、あぐら?正座?で過ごすことも可能なのです。
とにかく空間が広く大きく使われていて、実際のサイズよりも店内が広く感じるかもしれません。

カウンターも設けられており、そこで食事を取ることもできる他、テーブル席、ソファー席なども用意されています。

IMG_3473

こちらがメニューです。中を開いてみると・・・

IMG_3479 IMG_3480

IMG_3530

こちらがメニューです。そこまで高くもなく、種類も豊富です。
「ZABADANI」にはアルコール類が置かれていないため、カフェ感覚で食事を楽しみたい方におすすめです。WI-FIも利用することができます。

それでは今回注文した料理を写真で見てみましょう!

まずは「Shawarma」と呼ばれる、ナンで包まれたサンドイッチのようなメニューです。こちらは中身を、チキン・ビーフ・シーフードから選ぶことができます。

IMG_3481

続いては「Biryani」と呼ばれる料理。
こちらはライスと野菜にメインとなるビーフかチキンを選ぶことができます。
今回は1つずつオーダー。

IMG_3482

上がチキン、下がビーフです。
上のチキンは取り分けてみた様子です。

IMG_3532

営業時間はお昼の12時〜夜23時まで。
Big footの学生さんだけでなく、地域の方々も訪れるようになってきたとのことです。

IMG_3533

 

そしてこちらがポイントカード!1回訪れるごとに1枚シールを貼ってくれます。
7枚貯まると、1回食事が無料になるとのこと。1週間行けば1回無料の計算ですね。

余談ですが「ZABADANI」のオーナーのおばあさんは、1993年に東京農業大学の大学院を卒業され、その後フィリピン大学で教授として教壇に立っていた方でした。日本語はほとんど忘れてしまったと言いながらも、物腰柔らかな様子でお客さんに接している姿を見ていると、とても落ち着いた豊かな気持ちになります。

「ZABADANI」にはコーヒーが数多く用意されているようで、エスプレッソなどが美味しいとのこと。機会があれば続報でお伝えしたいと思います!

 

(タク)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。