the id is 14471

マクタンで見つけたコアラのマーチには秘密がある?

Pocket

セブの人たちは甘いものが大好き!おやつを何回も取るのは珍しいことではありません。おやつの中には、バナナキュー(揚げバナナ)などのローカルフードから、日本と同じ様なポテトチップスやチョコレートなどもあります。今回筆者が見つけたのは、いくつかの日本のお菓子です。その中でも有名な「コアラのマーチ」にはヒミツがあるようです。



まずは珍しいものです。筆者が日本では見たことのなかった、「メロンチップス」です。チップスといえば塩味のものというイメージですが、甘いものもあるんですね。色が赤っぽくなっているのも、おいしそうですね。

IMG_2851

続いて日本でもおなじみの「ロッテ」のポッキーやトッポです。馴染深い味ですが外国でも大人気のこのお菓子は、何度か足を運んだこのコンビニではいつも品薄の状況でした。

セブは暑いのでチョコレートはすぐに溶けてしまうのですが、トッポはチョコレートが中に入っているタイプのお菓子なので、手に溶けだしたチョコレートが付着する事がありません。南国向きのお菓子と言えるかもしれませんね!

IMG_2850

 

続いては「コアラ」シリーズです。海外には複数のコアラを印刷したお菓子がありますが、このKOKOLAはセブの多くのコンビニで見る事ができます。ローカルでは好評の味ですが、筆者はコアラのマーチの方が慣れていることもあり、好んで食べています。

 

 

IMG_2849

そして最後に見つけたのがこちらのお馴染「コアラのマーチ」です。

このコアラのマーチには秘密があるとのことで調べてみると、日本の価格帯で販売するとセブでは誰も買ってくれない為、内容量を若干少なくすることで送料や原価を減らし、価格を抑えているとの事。

ちなみに筆者が購入したものは37グラムでした。日本の皆さんは今日是非、コアラのマーチの内容量をスーパーなどで見てみてくださね。タイで作られたクッキーが使われ、輸入されています。

 

IMG_2852

3時のおやつにもセブにはヒミツがいっぱい!コンビニなどで小さなお菓子を手に取ったら、その製作工程に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

(タク)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。